【テキスト代のみの本格講義】宅建集中合格講座、タキザワ宅建予備校の音声講義つきテキスト

タキザワ予備校の音声講座が書籍になったのが2014年。2016年度向けの書籍が新発売された。今回はそのうちの宅建業法である。そして宅建試験合格の方法は人それぞれだが、宅建業法は次の点で一致する。

「宅建業法で点を稼ぐ」

これは試験が比較的簡単だった旧宅建試験はもちろん、難化した宅建士試験対策でも同じだ。宅建業法を得意分野にして「初めてスタートラインに着ける」、そこまで言っても過言ではない。

とは言うものの、今まで不動産業にかかわりのない一般の方は、宅建業法と言ってもイメージが湧かず学習に苦労されるかもしれない。

もちろんTACやLEC、フォーサイトなどど大手スクールを利用している受験生の方ならば、講義で理解することが可能だろう。

独学受験生にお勧めの音声講義つきテキスト

しかしながら独学やそれに準じる受験生の場合、テキストを読んでも理解が進まないケースも予想される。そんな方にお勧めの音声講義付きテキストである。

瀧澤宏之先生とは?

ここで講義を担当される瀧澤宏之先生について。瀧澤宏之先生はLEC東京リーガルマインドなど、大手スクールで豊富な指導経験を持つ。下の動画を見て頂けると分かるように、新人講師とは異なり分かりやすい講義が特長である。

【動画】タキザワ予備校の瀧澤宏之先生による講義風景

大手スクールで豊富な指導経験をもつ瀧澤宏之先生。歯切れのいい分かりやすい講義が特長。

「権利8 1 賃貸借 | タキザワ宅建予備校」から。

この瀧澤宏之先生が運営されるスクールがタキザワ予備校であるが、この予備校の講義をコンパクトにまとめたのが今回の書籍である。宅建試験対策としては、今回の宅建業法の他、権利関係など4冊から構成されている。大手スクールを利用できない受験生の方はこの4冊で重要事項をインプットされると良いだろう。

なお難化する宅建士試験においては、重要事項のインプットだけでは足りない。出る順宅建士ウォーク問過去問題集などで、充分なアウトプットトレーニングを積むようにしたい。また毎年夏にLEC宅建士講座が全国規模で実施する無料模試「ゼロ円模試」(2017年度は夏の実施予定)など、模擬試験を利用して解答時間の管理など、本試験のシミュレーションも行っておきたい。

【比較】その他の音声付テキスト

今回は紙のテキストを購入すると指導経験豊富な実力派講師の音声講義がついている書籍を紹介した。このタキザワ宅建予備校の書籍の購入を考えている受験生の方に比較として紹介したいのが、元資格の大原の実力派講師で、現在はゼミネットなどで受験指導を行う大澤茂雄先生のテキストである。

この大澤茂雄先生のテキスト「合格しようぜ!宅建士音声付きテキスト&問題集」では、専用サイトから音声講義をダウンロードすることが可能だ。このダウンロードした音声をスマホ等に入れることで、通勤時間など隙間時間での学習ができる。

また「合格しようぜ!宅建士音声付きテキスト&問題集」は従来は分野別の4分冊であったが、2016年度版からはテキスト上下巻および問題集の3分冊に集約された。より重要度の高い分野に特化したことで、以前よりもページ数が少なくなり何度も繰り返し学習が可能となっている。

大澤茂雄先生の特徴だが、下の講義風景の動画を見て頂けるとお分かりになると思うが、とても明るい。いや「ズバ抜けて明るい」と言った方が正しい表現かもしれない。

したがって受験生の中には自分に合う方、反対に合わない方もいらっしゃるだろう。そのような場合は、落ち着いた口調の瀧澤宏之先生の講義と比較検討して購入されると良いだろう。

関連記事 大澤茂雄先生の「合格しようぜ!宅建士音声付きテキスト&問題集」、問題集付きでパワーアップ

【動画】豊富な宅建試験の指導経験を持つ大澤茂雄先生の講義

おすすめ試験対策スクール

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

ゼミネット・宅建講座 分野別の専門実力派講師陣による講義。記憶に残るオリジナル電子黒板講義で知識の定着を図る。宅建講師室が直接回答する質問・相談制度も。元資格の大原の人気講師である大澤茂雄先生(宅建ダイナマイトスクール主宰)や、元LECの渡部正和先生らが講義を担当。

(スポンサードリンク)
宅建


関連記事

(スポンサードリンク)