TAC独学道場、通信と通学のメリットを組み合わせ

ネット通販大手の楽天市場が、東京渋谷にリアル店舗を開いた。商品を実際に見ることができるなどインターネットショッピングを補完する役割が期待される。

試験対策の講座でも「通信」と「通学」のメリットを組み合わせた講座がある。それがTAC独学道場である。これは資格の学校TACの受験ノウハウをふんだんに活用し、TAC出版が販売しているもの。

TAC独学道場(TAC出版)では他社の通信講座と同様に、基本テキストや問題集のほか講師による講義DVDやCDで学習する。担当講師も社労士ならば澤田省悟先生、宅建ならば木曽計行先生、行政書士ならば神田理生先生(平成27年度の場合)など、TACの実力派講師陣が担当する。

そんな実力派講師が解説する教材を自宅で学習するのは従来の通信講座と同じ。大きく異なるのはTACの教室を使ってのTAC独学道場で用意した通学講座に参加できる点だ。

具体的には「社労士独学道場」ならば横断セミナーや一般知識セミナー(プレミアムコースのみ)、全国模試など、「行政書士独学道場」ならば直前答練やTAC無敵の予想大会などである。この通学講座があるため、孤独感で挫折することもないし、また合格を目指す他の受験生と顔を合わせることで競争心も刺激される。

他にもTAC独学道場には「質問カード」や「受験生応援サイト」など自宅学習の際にも効果的に学習できるように環境を整えている。通信でありながら学習を続けられる講座、それがTAC独学道場なのである。カリキュラムや合格者の声、販売期間など詳細についてはTAC独学道場サイト(TAC出版)で御確認頂きたい。

■ 関連動画
1、社労士独学道場・澤田省悟先生らによる講師対談動画(ユーチューブ)

2、宅建独学道場を担当する木曽計行先生による動画解説「先手必勝!早期学習開始で一発合格!」


関連記事

(スポンサードリンク)