【宅建試験講評動画まとめ】2016年(平成28年)は難易度が低い!どうなる合格ライン?

2016年10月16日(日)に実施された平成28年度宅建士(宅地建物取引士試験)。第1回目となる平成27年度宅建士試験が難易度が高い内容であったことから、第2回目となる平成28年度本試験でも難化が予想されたが、解きやすい問題が多かった。

つまり難易度としては高くなく、むしろ昨年と比較して「難易度は低い」と評価する方もいる(もっとも平成27年度宅建士試験が難しすぎた出題であり、今回の宅建試験は標準的という評価が妥当ではないだろうか)。

さて難易度が高くないと合格ラインは上がる。これは宅建試験は相対評価で合格が決まる試験だからである。したがって今回受験された方で、ある程度手応えがあった方でも合格ラインに届かないケースも予想される。

したがって受験生の方にして頂きたいことは、解答速報で予想得点を知ることである。2016年度宅建試験では現在のところ正解に疑義のある問題はなさそうだが、TACやユーキャンなど複数の解答速報で得点を確認されると良いだろう。

関連記事 宅建試験解答速報、無料成績診断・合格ライン・講評・動画解説まとめ【割れ問は?】

次に取り組むべきことが、無料成績診断サービスを利用して合格可能性を探ることである。特に今回のように予想合格ライン(ボーダーライン)が上昇傾向にある年度は、無料成績診断サービスが役に立つ。

この無料成績診断サービスであるが、どのスクールも全国規模で実施し、参加人数も多い。したがって信頼度の高い情報として利用したい。なお今年度はTAC宅建士講座、LEC宅建士講座などが無料成績診断サービスを実施している。

関連記事 宅建試験無料成績診断、ボーダーラインの予想に【TAC・LEC・大原まとめ】

講評動画(速報版)

ここからは2016年度宅建試験の講評動画を紹介したい。どの動画も平成28年度宅建試験が実施された2016年10月16日(日)当日での収録となっており、速報版の講評動画と言える。

したがって動画解説中で、今回の試験の難易度や合格ライン予想に言及している場面があるが、いずれも2016年10月16日現在のものであり、今後評価等が変わるケースが予想される。速報版として視聴して頂きたい。

フォーサイト

フォーサイト宅建士講座の窪田義幸先生による分析動画。動画中で難易度などコメントされているが、2016年10月16日現在の情報である点をご留意頂きたい。なおファーサイト宅建士講座では解答速報のほか、科目別難易度や予想合格ラインなどについて講評を掲載している。フォーサイトの講評はこちら

「2016年度宅地建物取引士『解答速報&試験解説』」

資格スクエア

司法試験や司法書士試験など法律系資格から宅建試験など不動産系資格など通信に特化したオンラインスクールの資格スクエアの講評動画。宅建試験の指導歴10年以上ある講師の方が、約1時間に亘り分析しているのが特長。

なお資格スクエアでは、「自動採点サービス」「試験雑感動画(気になる合格ラインは動画の中で!)」など2016年度宅建試験の関連コンテンツを多数用意している。こちらも併せて利用されると良いだろう。資格スクエア特設サイトはこちら

「【資格スクエア】覆面宅建講師による分析動画」

LEC東京リーガルマインド宅建講座

LEC宅建士講座による解答速報会動画。LEC宅建講座のエース級講師である水野健先生を中心に、約2時間に亘り2016年度宅建士試験の分析を行っている。

「2016宅建士試験 解答速報会」

九州不動産学院

九州不動産学院でも解答速報会動画をYoutubeで公開している。

「平成28年度 宅地建物取引士 解答速報」

日建学院

日建学院による速報版講評動画。収録時間が長く、途中休憩時間も用意されている。4部制になっているので、受験生の方が知りたい情報を中心に視聴されると良いだろう。

「平成28年度 宅建解答速報会 日建学院」

ここまで平成28年度宅建試験の講評動画(速報版)について見てきた。今後スクールによっては詳細な分析動画が配信される。

また分析動画で今回の試験の難易度・出題傾向などが分かったら、無料成績診断サービスを利用して合格予想を行いたい。なお無料成績診断サービスは登録期限があるので注意して頂きたいと思う。

おすすめ試験対策スクール

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

ゼミネット・宅建講座 分野別の専門実力派講師陣による講義。記憶に残るオリジナル電子黒板講義で知識の定着を図る。宅建講師室が直接回答する質問・相談制度も。元資格の大原の人気講師である大澤茂雄先生(宅建ダイナマイトスクール主宰)や、元LECの渡部正和先生らが講義を担当。

(スポンサードリンク)
宅建


関連記事

(スポンサードリンク)