宅建士

2020年宅建統計動画まとめ!解説記事に講師の応援動画も

2020年10月18日(日)に実施される第4回宅建士試験の直前となった。

受験生の方の中には不安から新しいテキストや問題集を購入された方もいるかも知れないが、これから新しいテキストに手を出すことだけは絶対に避けたい。ただし例外がある。直前でも覚えることができる「統計」だ。

ガイド
試験直前の暗記で、貴重な1点が取れる可能性があります

統計動画まとめ

宅建みやざき塾の宮嵜晋矢講師による「統計の攻略!」

元LEC東京リーガルマインド宅建士講座の講師で、現在は日建学院宅建講座での講義担当のほか、宅建みやざき塾を運営されている宮嵜晋矢先生による応援動画。重要分野の最終確認講座も収録。

【動画】「宅建統計2020 宅建みやざき塾 統計の攻略!」

佐伯竜先生による統計解説

元LEC宅建講座の人気講師で、現在は宅建渋谷会を運営する佐伯竜先生による動画解説。こちらも「統計」に絞って解説を行っている。

【動画】「令和2年 宅建【統計】1点確実に稼ごう!最後に統計対策を万全に!」

吉野塾

元資格の大原の実力は講師で、現在は吉野塾を運営されている吉野先生による統計動画。

ガイド
レジュメは無料でダウンロードできます↓
参考
☆無料☆ 令和2年度 宅建 統計 楽しく語呂で学んで乗り切ろう♪ | 宅建ストアーズ 吉野塾
☆無料☆ 令和2年度 宅建 統計 楽しく語呂で学んで乗り切ろう♪ | 宅建ストアーズ 吉野塾

yoshinojuku.stores.jp

【動画】「★資料は無料★ ゴロで一撃!? 宅建 統計 コレだけで1点ゲット 2020宅建 5問免除項目」

応援動画まとめ

さて宅建試験の前日にあたり、不安になる受験生の方もいらっしゃるだろう。特に平成27年に旧宅地建物取引主任者試験から宅地建物取引士試験に格上げされた第1回試験では、科目により難易度が高い問題が出題されている。

関連記事
2019年(令和元年度)宅建試験合格発表!合格ラインは35点!おすすめ宅建登録実務講習は?講師の講評(コメント)まとめも

2019年12月4日(水)に令和元年度宅建試験の合格発表が、試験実施団体である不動産適正取引推進機構から行われた。 気になる合格ラインだが、35点(50点満点中)、合格率は17.0%。合格ラインは平成 ...

続きを見る

もっとも宅建士試験は旧宅建試験と同様に、相対評価で合格が決まる。したがって難易度が高すぎる問題は標準的な受験生はもちろん、合格ライン付近の受験生の方でも解けないケースが少なくない。

それでも標準的な問題を確実に正解することで、難化傾向にある宅建士試験でも合格は十分に可能だ。必要以上に不安になることはないだろう。

合格を目指す
(画像はイメージです。)

ここで今年の宅建士試験に挑戦する受験生の方におすすめの応援動画を紹介したい。フォーサイト宅建士講座の窪田義幸講師と、宅建みやざき塾の宮嵜晋矢講師などによる応援動画である。

極論すれば、残り時間は少ないため「絶対に合格する!」というメンタル面対策が功を奏することがある。そのメンタル面対策に今回の講師による応援動画は効果があるかもしれない。

フォーサイト宅建士講座・窪田義幸講師の応援動画

フォーサイト宅建士講座・窪田義幸先生が宅建試験直前の心構えなどを動画で解説。たくさんの合格者を輩出する講師、窪田義幸先生からの熱いメッセージへ

【動画】「さあ、本試験! 試験中に意識したいポイントとは!?【くぼたっけん】」

【動画で解説】正解率の低い問題をフォローして、ライバルに差をつけよう!

宅建試験では標準的な問題を正解することが一番重要。もっとも宅建試験は相対評価で合格が決まるため、極言すれば「他のライバル受験生より上をいけばいい」。

そこでおすすめなのが、2019年度宅建試験で正解率が低い問題のフォローだ。指導経験豊富な久保田先生が、動画で詳しく解説する。

関連記事
2020年受験生必見!フォーサイト宅建講座が正解率が低い問題を動画で解説!

2019年度宅建試験の合格発表が終了した。2019年度の合格率は前年度の2018年と比較して合格率こそ少し上昇したものの、やはり難関試験の一つと言えるだろう。 目次 2020年宅建試験の合格に向けて、 ...

続きを見る

宅建みやざき塾「超重要ポイントまとめ講義」

ここ数年恒例となった宅建みやざき塾の「超重要ポイントまとめ講義」。総まとめ&出題予想の講座だが、講師の応援も。

全3本立ての収録動画、合計で約6時間30分ほどのボリュームになっている。

(その1)権利関係


(その2)宅建業法

(その3)法令上の制限・税・価格

解答速報と無料成績診断

宅建試験は相対評価で合格が決まるため、本試験受験後は速やかに解答速報で予想得点を知ることが大切だ。

宅建試験は年度により割れ問(正解が複数われるもの)が出るケースがある。したがってTACやユーキャン、LEC、クレアールなどの大手スクールによる解答速報を利用し、場合により比較されると良いだろう。

関連記事
合格を目指す
令和2年度宅建試験解答速報、無料成績診断・合格ライン・講評・動画解説まとめ【割れ問は?】

2020年10月18日(日)に行われた令和2年度宅建試験(宅地建物取引士試験)の解答速報・無料成績診断・動画解説などのまとめです。 宅建士試験も第6回を迎え、その難易度や合格率(合格ライン)に注目され ...

続きを見る

そして予想得点が判明したら、無料成績診断サービスで合格可能性を探る作業に移りたい。繰り返しになるが、宅建士試験は相対評価で合格が決まる

したがって他の受験生の方の得点状況を把握し比較することが重要になってくる。これには大手スクールによる無料成績診断サービスが最適だ。

ガイド
時間を無駄にしないようにしましょう

この無料成績診断サービスだが、2020年度宅建士試験の場合だと、TAC宅建士講座、LEC宅建士講座、資格の大原などが実施を予定している。いずれも無料での実施となっているので、受験生の方には参加をおすすめしたい。

関連記事 宅建試験無料成績診断、ボーダーラインの予想に【TAC・LEC・大原まとめ】

おすすめ試験対策スクール

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

フォーサイト宅建講座 「全国平均より高い合格率」。2018年オリコン顧客満足度調査で宅建通信講座で1位を獲得。 フルカラーテキストなど充実した学習教材。やる気を持続させる安心と信頼のフォローシステムも。

【スタディング講座】講義の担当は、実力派講師の竹原健先生!

(スポンサーリンク他)

-宅建士

© 2012 速報試験ニュース