LEC宅建講座、2014年宅建試験本試験解説会

過去問の繰り返しが合格への近道とされた宅建試験。今年の本試験、特に権利関係(民法)においては鬼と化した。相続を始め後見人に関する出題など、従来の学習水準では正解率が下がりそうな問題が多かった。

もっとも権利関係での得点は難しくても、宅建業法など従来通り得点を重ねることが可能な科目もあり、総合的には「やや難しい」というレベルまで収束された感じである。

宅建受験生の方の関心事は、問題の難易度や出題分野など今後もこの傾向が続くか?という点だろう。そこでお勧めなのがLEC東京リーガルマインド宅建講座の無料イベント「2014年宅建試験本試験解説会」である。

これは本試験から約1か月後の11月中旬から下旬にかけて、LECの主要校舎で実施されるもの。平成26年11月19日(水)に水野健先生が担当する解説会は、同時中継も予定されている。

来年は宅地建物取引士への格上げもあり、これも不安要素のひとつだ。今回の本試験解説会では講師への質問も可能なので、今後の宅建試験の傾向など質問してみるのもお勧めである。なお本試験解説会の実施日時や校舎など詳細についてはLEC東京リーガルマインド宅建講座で御確認頂きたい。

■ 関連動画
「2014宅建本試験解答速報会」。LEC宅建講座が平成26年度本試験当日(10月19日日曜日)に収録したもの。解答速報や予想合格点など。水野健先生、亀田信昭先生が解説を行っている。

おすすめ試験対策スクール

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

ゼミネット・宅建講座 分野別の専門実力派講師陣による講義。記憶に残るオリジナル電子黒板講義で知識の定着を図る。宅建講師室が直接回答する質問・相談制度も。元資格の大原の人気講師である大澤茂雄先生(宅建ダイナマイトスクール主宰)や、元LECの渡部正和先生らが講義を担当。

(スポンサードリンク)
宅建


関連記事

(スポンサードリンク)