行政書士

【行政書士試験】記述式無料採点サービス、TAC・LEC・アガルートまとめ

投稿日:2018年10月9日 更新日:

行政書士試験において大きな配点を占める記述式問題。300点満点中の60点という配点なので、出来次第で合否が決まると言っても過言ではない。

平成18年から試験制度が大きく変わった行政書士試験であるが、新試験制度になってからは合格率が上下している傾向が見受けられる。そして平成27年度は約13%、また平成28年度は約9%(前年比でダウン)、そして平成29年度は約15%と近年稀に見る高い合格率(前年比でアップ)であった。

関連記事 2017年度(平成29年度)行政書士試験合格発表、合格率は15.7%!講評動画、講師のコメント、開業講座まとめ

とするならば、平成30年度は前年度の反動で合格率が低くなってもおかしくない。もともと行政書士試験の合格率は5%から8%前後で推移していたので、今年の記述式の採点が厳しくなることも想定しておきたい。

ガイド
平成27年度、29年度は合格率の高いラッキー年でした。

この記述式問題であるが、出題者の意図を把握し、適切な判例知識等を引出し40字前後で答案にする必要がある。採点基準は公開されておらず、このため合格ラインを突破しているか分からない。

記述式の無料採点を実施するスクールまとめ

前置きが長くなった。この記述式採点を無料で行う大手スクールを紹介したい。受験生の方のなかには解答速報の模範解答を元に、ご自分で採点を行う方もいらっしゃるだろう。

しかし過去の試験情報が蓄積された大手スクールによる無料採点である。これを利用しない手はないだろう。

アガルート行政書士講座

林裕太先生(元資格の大原・行政書士講座)など実力派講師陣による講義が特長のアガルート行政書士講座。アガルートでは、先着100名様限定で記述式答案の無料採点を行う。しかも林裕太先生による採点だ。

ガイド
またアガルートでは、分析講義動画の公開などフィードバックに役立つコンテンツも

【限定50→ 100通】林裕太講師の再現記述添削サービス 好評に付き追加申込開始
公開日時 11月11日(日)15:00
林裕太講師が,50→100通限定で再現記述を添削します。林講師が採点し,コメントを付して返信いたします。

※お申込みには,事前にアガルートアカデミーへの会員登録が必要になります。

引用【解答速報】行政書士試験(平成30年度)|アガルートアカデミー

なお、採点基準は林裕太先生独自のものであり、試験を実施する行政書士試験研究センターの採点基準と一致するとは限らない。

もっとも、林裕太先生は行政書士試験の指導実績が豊富で、しかも記述式の問題集まで執筆している。したがって、その採点基準は注目に値するだろう。合格ライン付近の受験生の方におすすめと言える。

アガルート行政書士講座、記述式無料採点
▲無料で記述式の採点(人数限定)で実施するアガルート行政書士講座(画像は解答速報ページから)

【動画解説】「平成30年度 記述式解説講義|アガルート行政書士講座」

TAC行政書士講座

資格の学校TAC・行政書士講座でも40字記述式問題の採点を行う。こちらは解答速報内ページにある本試験無料採点サービス「本試験データリサーチ」から入力するもので、記述式問題も含め全ての解答を入力すると、後日成績結果を提供する。

なお締め切り期限が設定されているので、利用を考えている受験生の方は注意をして頂きたい。

記述式も採点!無料Web採点サービス実施
『本試験データリサーチ』
(中略)
解答入力画面より、設問ごとの解答を入力してください。記述式の解答につきましても画面上で入力してください。記述式の解答は、45文字以内で、改行は使用しないでください。

出典:TAC解答速報ページ

TACデータリサーチ
▲40字記述式採点も無料で実施。TACの本試験データリサーチ(画像は平成29年度に実施された解答速報ページから)

LEC東京リーガルマインド

資格指導の大手であるLEC東京リーガルマインドでは、無料成績診断サービスの一環として、40字記述式採点を行う予定。

LECは記述も採点! 2018年11月11日18時~登録受付開始!

あなたの答案を無料で成績診断いたします!合格発表よりも前に、ご自身の成績と他の受験生の解答状況を確認するためにも、ぜひご利用ください。
※採点はLECの見解によるものです。合否を保証するものではありません。

引用:LEC行政書士講座

LEC無料診断サービス
▲無料成績診断の一環として、今年も記述式の無料採点を実施!(画像は平成29年度LEC行政書士講座「無料成績診断」ページから)

フォーサイト行政書士講座

フォーサイト行政書士講座では「自己採点サービス」を期間限定で実施している。

この「自己採点サービス」内で、記述式の採点基準(キーワード)と予想配点が記載されており、得点予想をしたい受験生の方におすすめ。

ガイド
合格ライン付近の受験生の方におすすめです

フォーサイト記述式、採点基準
▲記述式の採点基準と予想配点が掲載されている(画像はフォーサイト行政書士講座から。なお予想配点はモザイクをかけています)

講師の分析も参考に

各スクールの分析とは別に、講師が個別に分析記事を掲載している。所属するスクールの公式見解と一致するわけではないが、指導経験豊富な実力派講師による分析。こちらも併せて参考にされるといいだろう。

本での勉強
2018年行政書士試験記述式!難易度・講評・採点基準・キーワードは?【動画解説も】

2018年11月11日(日)に実施された平成30年度行政書士試験。平成29年度は約15.7%とかなり高い合格率であり、その反動が今年が起きるのか注目された。 その行政書士試験の難易度であるが、一部科目 ...

択一を含めた全体の無料成績診断も重要!

ここまで40字記述式問題の無料採点サービスを実施する大手スクールについて紹介させて頂いた。確かに記述式問題は300点満点中の60点の配点と、行政書士試験の合格を目指す上で大きなウエイトを占める。

もっとも最終合格には配点の大部分を占める「法令科目」、そして足切りもある「一般知識」と他の科目も総合して合格可能性を判断する必要がある。

ガイド
足切りにも気を付けたいところです。

これにはLECやTAC、資格の大原などで実施されている無料成績診断サービスをフル活用したい。この無料成績診断サービスについては、下の記事を参考にされると良いだろう。

合格を目指す
行政書士試験無料成績診断サービスまとめ、記述式の採点も

2018年11月11日(日)に平成30年度行政書士試験が実施される。各スクールでは解答速報を公開する予定であるが、大手スクールを中心に受験生の方の成績を分析する「無料成績診断サービス」を実施。解答速報 ...

また今回の行政書士試験の難易度など講評については、各スクールの解答速報はもちろんのこと、講師の方が自身のブログで独自の見解を述べていることがある。

これについては、LECや伊藤塾、アガルート、東京法経学院など大手スクールの講師陣による行政書士講師ブログを参考にされることをおすすめしたい。

また行政書士試験では難問奇問の類が出題されることがある。平成28年度本試験ならば、記述式問題の民法で、ノーマークに近い親族分野の「財産分与」が出題された。

そこで平成30年度記述式問題の難易度・出題傾向など詳細については、今後の各スクールの分析に注目して頂きたい。

試験の合格を応援!
(画像はイメージです。)

おすすめ試験対策スクール

TAC行政書士講座 効率よく実力を身につけることができる戦略的カリキュラムが特長のTAC。重要ポイントを絞った分かりやすい講義。忙しい社会人でも学習が続けられる充実したフォロー。まずは無料の資料請求から。

伊藤塾行政書士講座  質にこだわった講義と教材が特長の伊藤塾。「個別指導」もある伊藤塾ならではの充実した学習フォローシステムで、受験上の不安や疑問に対応。受講料バックアップ制度や割引キャンペーンなども実施。

LEC東京リーガルマインド 指導歴15年以上の横溝慎一郎先生ら実力派講師陣による講義。初学者向けコースから中上級レベル受験生まで様々なコースを用意。「早得」や「タイムセール」など各種キャンペーンの実施も。

行政書士講師ブログ

大手スクール行政書士講座の講師によるブログ新着記事。LEC、TAC、伊藤塾、資格スクエア、アガルート、大原、フォーサイトほか。
行政書士講師ブログ
https://shikaku-pass.net/gyousei-koushi-blog/

【驚異の合格率】その秘密とは?
行政書士

(スポンサーリンク他)

-行政書士

Copyright© 速報試験ニュース , 2018 All Rights Reserved.