宅建士

RETIOメルマガ第109号

投稿日:2015年12月1日 更新日:

旧宅建試験合格者などに無料配信されるRETIOメルマガ第109号が、試験実施団体である不動産適正取引推進機構から配信された。

最初の内容は「今日の視点」。不動産適正取引推進機構は、ここ数年で「不動産取引法務研究会」「不動産経済分析研究会」「海外不動産取引研究会」「不動産再生研究会」と4つの不動産政策研究会を開催してきた。

人口減少や超高齢化社会そして国際化の進展など、喫緊の課題を踏まえ、不動産市場での課題に対応するため、これらの研究会をスタートした。今後研究会で議論を深めると同時に、その内容を不動産適正取引推進機構ホームページの「不動産政策研究」で発信していく予定だ。

次のRETIOメルマガ第109号の内容は「行政の動き」。横浜市の分譲マンションを端緒とした「基礎ぐい施工記録データ偽装問題」。横浜市の分譲マンションの他、北海道の公営住宅など他の物件でも施工データの流用が見られたのは記憶に新しい。

そこで管轄する国土交通省では、相次ぐ施工データの流用等の発覚を受けて、建設生産物に対する居住者や国民の不安が広がっていることを踏まえ、住民や購入者の不安払拭と安全確保に万全を期すため、関係団体に向けて要請を行うことにした。その詳細について。

この他の記事として「マーケットの動き」がある。109号では「平成26年空き家実態調査集計結果について」「国土交通月例経済(平成27年10月号)」「不動研住宅価格指数」9月値の公表について」などを掲載している。

また「最近の判例から」は、「建築基準法上の是正が必要な隠れた瑕疵により損害を被ったとする買主の売主等への請求が全て棄却された事例」を掲載している。

さて本メールマガジンが廃止された翌日の2015年12月2日(水)には、10月に実施された第1回宅建士(宅地建物取引士)試験の合格発表がある。合格者の方には、このRETIOメルマガの登録案内が届くと思うが、実務に役立つ情報が満載の無料メルマガであるので、ぜひ登録をおすすめしたい。

(スポンサードリンク)

おすすめ試験対策スクール

フォーサイト宅建講座 「全国平均より高い合格率」。2018年オリコン顧客満足度調査で宅建通信講座で1位を獲得。 フルカラーテキストなど充実した学習教材。やる気を持続させる安心と信頼のフォローシステムも。

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

【通勤講座】講義の担当は、実力派講師の竹原健先生!

(スポンサーリンク他)

-宅建士
-

Copyright© 速報試験ニュース , 2019 All Rights Reserved.