宅建士

宅建士、独学ならばテキストは複数用意する

投稿日:2015年5月24日 更新日:

平成27年度から始まる宅建士試験。ここ数年の宅建試験も難化傾向にあるが、新たに始まる宅建士試験も難化が予想される。

そんな宅建士試験だが、合格にむけてすべき内容は変わらない。具体的には標準的な合格テキスト・過去問題集・要点集・市販の要点集を繰り返し学習することだ。

もっとも独学で合格を目指す受験生の方の場合だと、テキストを読んでも理解できないことがある。そのような場合はネット上の掲示板やヤフー知恵袋などの疑問解決サイトを利用する方法もあるが、匿名での解答が中心で正確さに欠くケースも少なくない。

そこで提案するのが複数のテキストを利用する方法である。もっとも宅建関連のテキストは価格も高い。したがって資料として利用するテキストは、中古を利用したい。理解するために分かりやすい説明を求めるだけだから、最新版テキストである必要はない。

さらに入門マンガの利用も考えたい。書店には宅建士試験向けの入門マンガが複数あり、その需要の高さが分かる。学習初期の段階で漫画を利用しアウトラインを把握しておくことで、試験対策の学習もスムーズに進むだろう。

また本格的な通信講座を手軽に利用したいならば、TAC出版のTAC宅建士独学道場がお勧めである。これはTAC宅建士講座の講師による動画解説や、各種書籍教材、さらにはスクーリングまで用意されたもの。答練まであるので、インプットからアウトプット、そして直前期対策まで対応している。

■ TAC宅建士独学道場、学習の進め方など効果的な使い方を動画で解説。

宅建

おすすめ試験対策スクール

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

ゼミネット・宅建講座 分野別の専門実力派講師陣による講義。記憶に残るオリジナル電子黒板講義で知識の定着を図る。宅建講師室が直接回答する質問・相談制度も。元資格の大原の人気講師である大澤茂雄先生(宅建ダイナマイトスクール主宰)や、元LECの渡部正和先生らが講義を担当。

(スポンサードリンク)
宅建

-宅建士

error:

Copyright© 速報試験ニュース , 2017 All Rights Reserved.