宅建士

2020年度(令和2年度)宅建試験日は10月+12月の2回の実施?出願戦略が重要

完全終息が見通せない新型コロナ。資格試験でも大きな影響を受けている。司法試験予備試験や司法書士試験などが延期になった。

その一方、令和2年度の宅建試験は、例年通り2020年10月中旬の実施が予定されている。


(画像はイメージです)

出願時期により10月か12月?

ところがコロナの感染予防のため、受験会場も従来通りではなく、距離を取る必要がある。すると教室が足りなくなり、10月本試験のみならず12月の追加試験も準備された。

宅建試験 重要なお知らせ(令和2年7月1日)

宅地建物取引士資格試験は、例年、大学・高等学校・会議場等の施設を試験会場としてお借りして実施しておりますが、今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で、例年どおり試験会場を借り上げることが困難となっており、試験地(都道府県)によっては、試験会場が不足することが予想されます。

このため、受験の申込みに当たっては、以下についてご承知おきいただきますようお願いします。

1.試験会場における受験可能人員を上回った場合には、10月18日(日)ではなく、後日、指定した試験会場で受験していただく場合があります。

2.その場合の追加の試験日は、12月27日(日)を予定しています。該当する受験者の方には、8月末までに(予定)改めて通知いたします。

出願戦略が重要!出願時期は早く?それとも遅く?

どのように10月と12月の試験に振り分けるのか不明だが、「試験会場における受験可能人員を上回った場合には、10月18日(日)ではなく、後日、指定した試験会場で受験していただく(公式サイトより)」とあるので、遅く出願した受験生の方は12月の試験に回る、というのが順当な予想といえるだろう。

受験生
出願が早ければ10月、遅ければ12月なのでしょうか

すると、受験生の方のタイプに合わせて、次のような出願戦略が考えられる。

マンション管理士試験、管理業務主任者試験との併願組は早く出願を!

11月中旬から12月初旬にかけて実施されるマンション管理士試験と管理業務主任者試験の併願を予定している方は、早めの出願がおすすめ。

もちろん12月の宅建試験は12月27日(日)を予定しているため、バッティングはしないが、管理業務者試験から時間も少なく、また年末でもあるため、10月の宅建試験がベストだろう


  • 10月中旬

    年に1回の宅建試験の実施。


  • 11月下旬

    マンション管理士試験が実施。


  • 12月上旬

    管理業務主任者試験が実施。マンション管理士試験から1週間後というタイトなスケジュール。


初学者、特に学習が遅れている受験生は遅くの出願も

これに対して宅建試験だけの合格を目指している受験生の方(特に初学者)は、遅めの出願で12月の宅建試験を狙う方法もある

これならば本試験までまだ残り時間が十分にあり、初学者の方でも夏からの学習で十分に宅建試験の合格が目指せる。


  • 11月下旬

    マンション管理士試験が実施。


  • 12月上旬

    管理業務主任者試験が実施。マンション管理士試験から1週間後というタイトなスケジュール。


  • 12月下旬

    宅建試験の実施。忙しい年末の時期での実施でもある。


【まとめ】まずは10月の本試験合格を目指そう

ここまで「2020年度宅建試験は10月と12月の年2回?」についてまとめてきたが、そもそも受験会場が足りない場合の仮定の話である。

今回のコロナ禍で、2020年度の宅建試験を断念する方もいらっしゃるだろう。したがって10月の本試験だけで間に合う可能性もある。

したがって(12月試験の方は8月に通知が来るものの)、本来の試験日である10月18日(日)を合格目標に学習を進めるようにしたい。

最新情報は講師方のブログやツイッターを参考に

このように2020年度宅建試験は過去に例のない実施形態なる。宅建試験の最新情報や、それに伴う直前期の学習方法などについては、有名講師のブログやツイッターを参考にされるといいだろう。

参考
宅建講師ブログ | 試験部
宅建講師ブログ | 試験部

フォーサイト・資格の大原・ゼミネット・LEC東京リーガルマインド・クレアール・宅建みやざき塾など講師ブログの最新記事です。講座の特長も。

続きを見る

【参考】クレアール宅建講座・氷見敏明先生のツイート

おすすめ試験対策スクール

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

フォーサイト宅建講座 「全国平均より高い合格率」。2018年オリコン顧客満足度調査で宅建通信講座で1位を獲得。 フルカラーテキストなど充実した学習教材。やる気を持続させる安心と信頼のフォローシステムも。

【スタディング講座】講義の担当は、実力派講師の竹原健先生!

(スポンサーリンク他)

-宅建士

© 2020 速報試験ニュース