LEC全日本宅建公開模試、基礎編と実戦編で合格力を養成

不動産系の人気資格である宅建。難易度が低い宅建試験だが、実際には合格が難しい試験である。そして平成27年からは宅建取引士(宅建士)に格上げされ、更なる難易度の上昇も予想される。

その宅建試験だが、合格には過去問の繰り返しと模擬試験による実力把握が重要とされる。そこで一般書店には模擬試験が数多く市販されている。

もっともこれらの模擬試験は本試験レベルのものであり、初学者の方にはハードルが高い。そんな初学者の方でも手軽に利用できるのがLEC東京リーガルマインド宅建講座の全日本宅建公開模試だ。

この全日本宅建公開模試は、弱点を把握することが目的の「基礎編」と、本試験レベルの問題で実力が確認できる「実戦編」から構成されている。したがって過去問を解いてみて、基礎編で弱点を確認し、テキストで弱点を克服する、という流れ作業が無理なくできる。そして最後は実戦編で実力を確認できる訳である。

このように模擬試験がステップ形式になっており、合格力を無理なく養成できるのがLEC全日本宅建公開の特長である。しかも宅建試験対策の指導経験豊富なLEC東京リーガルマインドによる渾身の良問が数多く含まれている。LECの宅建教材においては、本試験での的中実績もある。模擬試験選びで迷っている受験生の方にお勧めの模試と言えよう。LEC全日本宅建公開の詳細はこちら

■ 関連動画
「宅建合格発表!来年の合格方法を教えます!」。LEC東京リーガルマインド代表である反町勝夫先生が平成25年度宅建試験の分析と、平成26年度本試験の合格に向けて動画で解説。約27分の収録。

おすすめ試験対策スクール

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

ゼミネット・宅建講座 分野別の専門実力派講師陣による講義。記憶に残るオリジナル電子黒板講義で知識の定着を図る。宅建講師室が直接回答する質問・相談制度も。元資格の大原の人気講師である大澤茂雄先生(宅建ダイナマイトスクール主宰)や、元LECの渡部正和先生らが講義を担当。

(スポンサードリンク)
宅建


関連記事

(スポンサードリンク)