平成26年宅建試験解答速報動画解説、合格推定点も

平成26年10月19日(日)に実施された宅建試験。宅地建物取引主任者試験としての最終年度の実施であり、その難易度に注目が集まった。

その結果であるが、かなり難しい内容に。配点の高い権利関係はもちろんのこと、肢自体は難しくないものの個数問題や組み合わせ問題が多数出題された宅建業法など、苦労された受験生の方が多い。

そして宅建試験は相対評価で合格が決まるため、今後の注目は合格推定点である。ここ最近は33点前後で推移しており、難易度が上がった平成26年度試験では32点前後という声が多い。もっとも本試験終了後のものであり、無料成績診断サービスで集計された精度の高いデータを参照するようにしたい。

ここで受験生の方に紹介したいのが日建学院宅建講座の動画解説である。これは2部構成になっており、第1部は解答速報、第2部は日建学院による合格推定点になっている。もちろん本試験終了直後に収録されたものであり、今後のデータ次第では合格推定点が変わる可能性は十分にある。受験生の方はその点をご留意の上「速報版」として参考にして頂きたい。

【追記】日建学院による解答速報会動画は削除された。代わりLEC東京リーガルマインド宅建講座で実施された「2014宅建本試験解答速報会」の模様を収録された動画を紹介したい。宅建試験対策の指導経験豊富な水野健先生・黒田武雄先生らが約1時間50分に亘り、平成26年度宅建試験の難易度やボーダーライン予想などについて解説している。

おすすめ試験対策スクール

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

ゼミネット・宅建講座 分野別の専門実力派講師陣による講義。記憶に残るオリジナル電子黒板講義で知識の定着を図る。宅建講師室が直接回答する質問・相談制度も。元資格の大原の人気講師である大澤茂雄先生(宅建ダイナマイトスクール主宰)や、元LECの渡部正和先生らが講義を担当。

(スポンサードリンク)
宅建


関連記事

(スポンサードリンク)