【宅建士】ペースメーカーに!日建学院メルマガ一問一答

平成27年10月から始まる宅建士(宅地建物取引士)試験。難易度の上昇が予想されるが、基本的には最近の宅建試験と同じ学習法で充分だろう。具体的には過去問を中心として学習を進め、満点を狙わず合格ラインの突破を目指す。

(スポンサードリンク)

その過去問を一問一答形式でメルマガ(メールマガジン)として無料配信しているのが、日建学院宅建講座の「日建学院の【宅建・一問一答】」である。これは過去の宅建試験から3問前後を出題するもの。宅建試験は1問につき4つの選択肢があるので、3問の出題の場合だと12肢の演習を行うことになる。

そして配信日が毎週水曜日なのも特徴だ。宅建士試験の受験生の多くは学習時間に制約のある社会人の方が多いだろう。すると土曜日や日曜日など休日にまとめて学習する傾向がある。そして水曜日にメルマガが届くと忘却防止に最適だ。

もっとも過去問の学習には注意点もある。それは選択肢の中には再現性の低い肢も少なくない。そのような学習の必要のない肢と、何度も繰り返し学習すべき重要肢については、LEC東京リーガルマインド宅建士講座の「出る順宅建ウォーク問過去問題集」などで確認して欲しい。メリハリをつけた効果的な学習をお勧めしたい。

関連リンク

  1. 日建学院の詳細はこちら(BrushUp学び、スクールの特徴やインフォメーションなど。無料資料請求も可能)
  2. 日建学院宅建講座、無料メルマガ【宅建・一問一答】登録ページ

なお過去問を解説するメルマガであるが、今回紹介した日建学院のメルマガの他、資格の大原で長い指導経験を持つ保坂つとむ先生や、元LEC東京リーガルマインド宅建講座の佐伯竜先生が発行するもの、宅建通信学院によるメルマガなどがある。興味のある受験生の方は、下の記事を参考にして頂きたい。

関連記事 宅建メルマガ(過去問中心)、受験勉強が不規則になりがちな社会人受験生にお勧め

なお独学で宅建士試験の合格を目指す方で、情報収集としてメルマガの利用を考えている方もいらっしゃるかもしれない。そのような方には今回のメルマガは向いていない。それは過去問を中心とした演習タイプのメルマガであるからだ。

したがって法改正情報や、9月になったら統計分野のフォローをしたい受験生の方には「宅建講師ブログ」がお勧めだ。これはLEC東京リーガルマインド宅建士講座の水野健先生・亀田信昭先生・黒田武雄先生・久保田充秋先生・友次正浩先生、資格の大原宅建講座の吉野哲慎先生、フォーサイト宅建士講座の窪田義幸先生、クレアール宅建士講座の氷見敏明先生などの講師の方のブログ最近記事が分かるもの。

また宅建試験関連はもちろんのこと、最新の統計や法改正情報、効果的な学習法、不動産実務関連など参考にされると良いだろう。宅建講師ブログはこちら

おすすめ試験対策スクール

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

ゼミネット・宅建講座 分野別の専門実力派講師陣による講義。記憶に残るオリジナル電子黒板講義で知識の定着を図る。宅建講師室が直接回答する質問・相談制度も。元資格の大原の人気講師である大澤茂雄先生(宅建ダイナマイトスクール主宰)や、元LECの渡部正和先生らが講義を担当。

(スポンサードリンク)
宅建


関連記事

(スポンサードリンク)