宅建士

平成26年宅建試験が権利関係で難化、合格ラインはどうなる?

投稿日:2014年10月19日 更新日:

平成26年10月19日(日)に実施された宅建(宅地建物取引主任者)試験。現行の宅建試験は今年度で終了し、平成27年度からは宅建士(宅地建物取引士)試験になる。難易度の難化も予想され、平成26年度の宅建試験で合格しておきたい。

そんな中で実施された平成26年度宅建試験だが、権利関係を中心に難易度が上がった。宅建試験の合格には過去10年分程度の過去問題のマスターが必須であり、またそれで充分だった。しかし受験された方からは「過去問だけでは解けない」などの声が上がっている。

もっとも宅建試験は相対評価であり、同じく難易度が上がった平成26年度司法書士試験では合格基準点が下がった。同様に難化した今年の宅建試験でも合格ラインの低下が予想される。また配点の高い宅建業法などは例年通りの難易度であり、権利関係以外の科目で確実に得点を重ねたいところだ。

そしてLEC東京リーガルマインド宅建講座や資格の学校・TAC宅建講座では、全国規模で実施される無料成績診断サービスを実施している。受験生の方には無料成績診断を利用し、精度の高いデータで合格可能性を分析して頂きたい。

解答速報を行っているユーキャン宅建講座、ツイッターから

宅建

おすすめ試験対策スクール

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

ゼミネット・宅建講座 分野別の専門実力派講師陣による講義。記憶に残るオリジナル電子黒板講義で知識の定着を図る。宅建講師室が直接回答する質問・相談制度も。元資格の大原の人気講師である大澤茂雄先生(宅建ダイナマイトスクール主宰)や、元LECの渡部正和先生らが講義を担当。

(スポンサードリンク)
宅建

-宅建士

error:

Copyright© 速報試験ニュース , 2017 All Rights Reserved.