宅建士

【宅建】林秀行先生の動画解説、用途規制対策

2013年9月4日

宅建試験で必ず出題される「用途規制」。住居系や商業系という大きな分類だけではなく、かなり細かい分類までおさえる必要があり、多くの受験生が頭を悩ませているだろう。

また覚える量が多い割に1点分しかない、これは捨てるかどうかの分岐点となる。しかし必ず出題されるのだから逃げずに覚えたい。

そこで語呂合わせを中心とした丸暗記が多用されるのだが、できるだけ理解で対応し、残った部分を記憶でフォローしたい。これにより記憶量も少なくなり、より正答率が高まる。

そして受験生の方に紹介したいのが、LEC東京リーガルマインド宅建講座の林秀行先生の動画解説だ。攻略法をくわしく解説しており、やはりプロ講師のテクニックは一味違うことを実感するだろう。林秀行先生の詳細はこちら

たかが1点、されど1点。特に昨年あたりから本試験の難易度が上がった。今年も同水準ならば基準点は低くなる。ならばたとえ1点でも、合格には必要であり貴重な1点とも言える。ぜひ用途規制で1点を確実に取り、宅建試験の合格につなげたい。

■ 林秀行先生の動画解説、用途規制(建築基準法)攻略

※ なお動画中で使用するレジュメは林秀行先生の公式ブログ・トップページから入手が可能となっている。


最短合格を目指すなら、この通信講座!


LEC宅建講座 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が講義をするから、分かりやすさが違う。本試験の的中実績、宅建指導歴38年のレジェンド。無料お試し講座あり。

アガルート宅建講座 司法試験など難関資格に強いアガルート。令和3年度の合格率は43.7%!(基幹講座受講生アンケートによる)。元大手予備校のベテラン講師らによる講義だから、わかりやすさが違う。
質問無制限、合格特典あり、月1回のホームルームでモチベーションの維持も(一部カリキュラム限定オプション)。

フォーサイト宅建講座 「全国平均より高い合格率」。2018年オリコン顧客満足度調査で宅建通信講座で1位を獲得。
フルカラーテキストなど充実した学習教材。やる気を持続させる安心と信頼のフォローシステムも。

【スタディング講座】講義の担当は、実力派講師の竹原健先生!

-宅建士