宅建士

平成26年度宅建試験合格発表、合格ラインは32点

投稿日:2014年12月3日 更新日:

平成26年度宅建試験の合格発表が、12月3日(水)に試験実施団体である一般財団法人不動産適正取引推進機構からされた。合格者数は33,670人、合格ラインは32点(50点満点)、登録講習修了者は27点(45点)となった。

今年の宅建試験の特徴は、やはり「難化」に尽きる。ここ最近続いている個数問題の増加に加え、過去問学習では対応が難しい民法(権利関係)などである。

もっとも合格率は17.5%と決して低いものではない(平成25年度は15.3%、平成24年度は16.7%)。つまり問題の難易度は高くても相対評価であるため、合格が難しくなることはないのだ。

したがって今後の学習方法としては、従来のように過去問学習を中心とし、その上で条文の趣旨など原理・原則をマスターすることで、「覚える知識」から「使える知識」への転換が求められる。この傾向は同じく難化した平成26年度マンション管理士試験と同様だ。

さらに平成27年度からは、宅建は宅地建物取引士試験に格上げされる。難化も予想されているため、このような「知識を使いこなす」学習法が求められる。TAC宅建士講座やフォーサイト宅建士講座など試験対策に特化した講座を利用するのがお勧めだ。

宅建

おすすめ試験対策スクール

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

ゼミネット・宅建講座 分野別の専門実力派講師陣による講義。記憶に残るオリジナル電子黒板講義で知識の定着を図る。宅建講師室が直接回答する質問・相談制度も。元資格の大原の人気講師である大澤茂雄先生(宅建ダイナマイトスクール主宰)や、元LECの渡部正和先生らが講義を担当。

(スポンサードリンク)
宅建

-宅建士
-

error:

Copyright© 速報試験ニュース , 2017 All Rights Reserved.