無敵の司法書士 2016年本試験予想論点表、出題をズバリ予想

平成28年度(2016年度)司法書士試験対策の学習も直前期に入ろうとしている。これからの学習はテキストや過去問題集等、現在使っている教材の復習と並行して、本試験を意識したシミュレーション学習にも取り組んでおきたい。

もっとも司法書士試験の出題範囲は極めて広く、民法や会社法、不動産登記法などの中心科目に加え、民事訴訟法、刑法、憲法などマイナー科目対策も採る必要がある。

そこでメリハリのある学習をしたい受験生の方にお勧めなのが、TAC出版の「無敵の司法書士 2016年本試験予想論点表」である。これはタイトルにもあるように2016年度本試験で出題が予想される論点をズバリ予想するもの。昨年度に引き続き、今年も満を持して出版された。

この「2016年本試験予想論点表」だが、3つの部分に分かれている。まず第1部は「本試験完全シミュレーション」。Wセミナー司法書士講座の講師陣が昨年度の筆記試験を徹底分析し、2016年本試験の出題をズバリ予想する。

次の第2部は「予想論点表」。出題が予想される論点を表形式で紹介している。したがって視覚的にも力を入れておきたい分野が分かりやすい。また気を付けるべきポイントが記載されているので、この点も押さえておきたい。

そして第3部は「ポイントチェック」。重要論点をコンパクトにまとめた要点集だが、最近の法改正も扱っているのがうれしい。特に独学者の場合だと、法改正までフォローしきれないケースがあるが、このポイントチェックの活用をお勧めしたい。

このように本書は2016年度筆記試験向けの出題予想に特化した書籍となっている。もちろん時間に余裕があれば、論点を網羅的に学習することは当然だが、とにかく出題範囲が広い司法書士試験においては、出題予想を参考にした学習も一つの方法だろう。ご自分の学習の進み具合に合わせて、うまく活用して頂きたい。「無敵の司法書士 2016年本試験予想論点表」の詳細はこちら

無敵の司法書士、論点出題予想
▲ 今年もWセミナー講師陣がズバリ予想する「無敵の司法書士 本試験予想論点表」。超直前期には総まとめとしての利用方法も。

また法改正や試験対策の最新情報については、司法書士講師ブログを参照されるのも良いだろう。Wセミナー、LEC東京リーガルマインド、伊藤塾、辰巳司法書士講座、資格スクエア等の講師によるブログ最新記事を知ることができる。

おすすめ試験対策スクール

伊藤塾 司法書士講座 学習フォローシステム(質問制度・カウンセリング制度・在宅受講生専用フォロー)などフォローシステムが充実。「明日の司法書士講座」の実施など、合格後も見据えているのが特長。

Wセミナー司法書士講座 山本浩司先生のオートマチック、竹下貴浩先生の新竹下合格コースなど初学者向けから、全問新作問題の早稲田答練など中上級者コースまで幅広いラインナップ。まずは無料の資料請求から。

LEC東京リーガルマインド 海野禎子先生、森山和正先生、根本正次先生など実力派講師陣が多数在籍。伝統の精撰答練やパーフェクトローラーなどアウトプットコースも充実。無料お試し講座あり。「早得」「タイムセール」など各種キャンペーンの実施も。

司法書士講師ブログ

大手スクール司法書士講座の講師によるブログ新着記事。LEC、Wセミナー、伊藤塾、辰巳法律研究所ほか。
司法書士講師ブログ
https://shikaku-pass.net/syoshi-koushi-blog/

(スポンサードリンク)


関連記事

  • 戸谷満、司法書士試験非常識合格法 難関の司法書士試験に短期合格を果たしたい受験生の方や、これまで何度か挑戦してみたものの失敗を続けている受験生の方にお勧めしたいのが戸谷満先生の「司法書士試験非常識合格法」である。 […]
  • ケータイ司法書士、森山和正先生の合格ノウハウが充実 三省堂から「ケータイ司法書士」が発売される。これは同じく三省堂が発売した「ケータイ行政書士」の姉妹版である。好評なケータイ行政書士シリーズに続き、満を持して司法書士版が発売になる […]
  • 【解答速報】司法書士試験 平成27年7月5日(日)に実施された司法書士筆記試験の「みんなの解答速報」ほか、解答速報のまとめです。 大手スクールによる解答速報 1、LEC東京リーガルマインド 解 […]
  • 山本浩司、司法書士の学習と仕事 不動産登記や商業登記など登記の専門家である司法書士。最近では企業法務や成年後見など業務の幅も広がっている。そんな司法書士だが、合格率は2%から3%前後のかなりの難関試験である。 […]
  • 司法書士求人サイト 不動産など登記の専門家である司法書士。成年後見や事業承継、簡易裁判所での代理権付与など将来性の豊かな法律系資格である。 そんな司法書士であるが、中央研修と言った研修制度はあ […]
  • 資格スクールの合格率を知る方法 資格取得には大手スクールや予備校を利用するのが一般的だ。特に難関国家資格の場合、独学で合格を目指すのはリスクが大きい。合格へのノウハウがないため、時間だけが無駄に過ぎていくケース […]

(スポンサードリンク)