【PR】 宅建士

【快挙】LEC宅建講座で小学4年生が見事合格!その勉強法を徹底解剖!

2023年11月、長い宅建士試験の歴史において快挙が起きた。それは、小学4年生がLEC宅建講座を受講し、学校に通いながら宅建試験に合格したのだ。

阪神のユニフォームを着た彼は、不動産業界をはじめ多くの人々に感動を与え、特に宅建受験生にとっては大きな励みとなった。

そんな合格の背景には、努力と家族の支えがあった。今回の記事では、彼の勉強法を詳しく分析し、これから宅建試験に挑戦する受験生に向けて、役立つアドバイスをまとめる。

【動画】「【LEC宅建士】最年少!?小学4年生で宅建士合格!!」

↑担当講師は小原典彦先生。昭和62年から平成、令和と宅建講師を務める宅建界の生き字引の方だ。孫を見つめるように小学4年生の彼を見る姿が微笑ましい。

読売新聞(全国版)や関西テレビなど、全国規模で報じられている

難関の宅建試験に小学生が、しかも一発合格ということで、全国レベルで話題になっている。

【ニュース動画】「【史上最年少10歳で「宅建士」に合格】ゲームは1日30分以内 『テキストは10周はした』【関西テレビ・newsランナー】」

小学4年生、少年の勉強法とは?

この小学4年生の方を、以下「少年」と表示する(動画内では本名が明かされている)。

【ポイント1】法律への興味

彼の勉強法は、他の受験生にとって多くのヒントとなる。少年の宅建士試験への挑戦は、「こども六法」への関心から始まった。

この本を通じて法律に興味を持ち、宅建士試験への道を開いた。

ここがポイント

  • 興味を持つことが合格への近道。好きなことなら最後まで頑張れる。
  • 業務上、宅建取得を目指す必要がある方は、合格後に活躍する姿をイメージしてみよう。

【ポイント2】LECテキストの繰り返し学習『テキストは10周はした』

彼の勉強法は、LEC宅建講座のテキストの繰り返し学習にある。

少年は、試験に必要な知識をテキストから何度も読み込むことでマスターした。この反復学習は、知識を深く定着させる効果がある。

毎日決まった時間に、テキストを読み、重要なポイントにマーカーで線を引きながら、理解を深めていった。

ここがポイント

  • LEC宅建講座は39年の指導実績。テキストに合格のノウハウが詰まっている。
  • そんなLECのテキストや過去問題集を何度も繰り返すこと。
  • 東大を首席で卒業した弁護士の山口真由さんは、司法試験の合格に、テキストを最低でも7回繰り返していた。

【ABEMAニュース】【史上最年少】10歳で“宅建士”一発合格!重要なのは“繰り返すこと”

【ポイント3】過去問の徹底した分析

過去問の徹底した分析も彼の勉強法のひとつだ。少年は、各分野の過去問を繰り返し解き、試験の出題形式やこの数年の傾向を把握した。

そして正解だけでなく、なぜその選択肢が正しいのか、また間違った選択肢がなぜ間違っているのかを検討することで、理解を深め、得点力を伸ばした。

ここがポイント

  • 正解した問題を繰り返しても意味がない。間違えた問題をできるようにすることで 得点力が伸びる。

【ポイント4】父親のサポートと励まし

少年の勉強は、父親のサポートと応援によって継続することができた。

父親は彼に宅建試験の勉強をすすめ、学習でサポートを行った。また、勉強の進捗具合を確認し、その都度、適切なアドバイスを送っている。

このような家族からのサポートは、彼のモチベーションを維持する上でとても大きかった

ここがポイント

  • 大手の通信講座では、「勉強仲間機能スタディング宅建講座)」など、孤独感をなくして学習が続けられる環境を用意している所もある。
  • 同じくスタディング宅建講座では、「AI学習プランAIを活用して、個人別に最適化された学習計画を作成する機能)」がある。周りにコーチやサポートがない独学の方は利用されるといいだろう。

【こんな機能も】スタディング「学習フロー機能」

試験ガイド
試験ガイド

スタディングの「学習フロー」機能を使えば、誰でも最適な順番で効率的に学習を進められます

【ポイント4】学校との両立

少年は、学校の勉強と宅建試験の勉強を両立させる必要があった。

彼は時間管理と集中力を高めるために、学校の宿題と宅建試験の勉強をうまく組み合わせた。学校と試験勉強のバランスを取ることは簡単ではないが、宅建試験に合格している。

この経験は、今後の自己管理能力を高め、将来の学習や目標達成に役立つはずだ。

試験ガイド
試験ガイド

「忙しい」は理由になりません

なお、少年が合格した2023年度は、川崎希さん(元AKB)、ザブングル (お笑いコンビ) の加藤歩さんも宅建試験に合格している。

彼らも忙しい本業を抱えながら、難関の宅建試験に合格したのだ。

余談だが、芸能人は宅建のほか、FP(ファイナンシャルプランナー)にも合格者が多い。不動産・相続など宅建試験で学習した内容が活かせるのも人気のひとつだ。
関連FP2級に合格した芸能人、有名女性タレントにグラビアアイドルも

読者へのアドバイス

少年の勉強法から学べるポイントは多い。

  • 基本テキストの繰り返し学習。知識が深く定着する。
  • 過去問題の分析は試験の傾向を理解し、的確な対策を立てるのに役立つ。
  • 学業(仕事や家事)と試験勉強の両立は、デメリットではない。むしろ集中する習慣ができる。

これらのポイントは、宅建士試験に限らず、今後取得したい資格や目標達成にも応用できる。また、家族や友人からのサポートがモチベーションを維持する上で重要であることも忘れてはならない。

【まとめ】やればできる!

今回は小学四年生が難関の宅建試験に合格するという衝撃的なニュースではあったが、その学習法は極めてオーソドックスなものだった。

つまり「講義を聞き」「テキストに戻り」「過去問を何度も繰り返す」、私もそうだが、宅建合格者なら誰もがやっているごく当たり前のことなのだ。

要は興味を持って学習が続けられるかどうか、そして今からすぐ始めることが大切なのだ。誰が言ったか知らないが「明日やろうは馬鹿野郎」これは実に名言だ。

「いつやるの今でしょ」。今すぐ宅建試験の勉強を始めよう。

\期間限定、あの講座が大幅割引↓/

LECタイムセールはこちら→


最短合格を目指すなら、この通信講座!


LEC宅建講座 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が講義をするから、分かりやすさが違う。本試験の的中実績、宅建指導歴38年のレジェンド。無料お試し講座あり。

アガルート宅建講座 司法試験など難関資格に強いアガルート。令和3年度の合格率は43.7%!(基幹講座受講生アンケートによる)。元大手予備校のベテラン講師らによる講義だから、わかりやすさが違う。
質問無制限、合格特典あり、月1回のホームルームでモチベーションの維持も(一部カリキュラム限定オプション)。

フォーサイト宅建講座 「全国平均より高い合格率」。2018年オリコン顧客満足度調査で宅建通信講座で1位を獲得。
フルカラーテキストなど充実した学習教材。やる気を持続させる安心と信頼のフォローシステムも。

-宅建士