宅建合格には戦略が必要

宅建試験の合格に向けてスタートを切った受験生の方も多いだろう。そして目の前にあるテキストや問題集の山を見て、次々に手を出したくなるのが心情だ。

しかし少し待って欲しい。そこに合格への戦略はあるのだろうか。LEC東京リーガルマインド宅建講座など有名なスクールを利用している受験生の方ならばスケジュール通りに学習を進めれば良い。

問題は独学やそれに近いスタイルで本試験の合格を目指す場合である。ぜひ不合格にならないためにも合格戦略を立てて欲しい。

合格戦略にも色々あり、スケジュールなどの時間管理など多数項目はある。ここでは学習する順序について言及しておきたい。

宅建には出題科目が多数あるが、科目をタイプ別に分類したい。具体的は以下のようになる。

  1. 記憶中心の科目(宅建業法など)
  2. 理解 〃 の 〃 (権利関係など)

まず(1)の記憶中心の科目であるが、記憶だけで得点が可能なため、極端な話だが一夜漬けでも点が取れる。しかし実際には覚える量が多いので、ある程度の時間を用意して記憶する。

したがって記憶で勝負するから直前期の学習が効果的だ。もちろん早期の段階で完成させて、あとは定期的にメンテナンス(記憶の保持)を行うのもおすすめだ。これならば模試でも得点に反映される。

次に(2)の理解型の科目。これは理解には時間が掛かるのが一般的だから、出来るだけ早い段階から学習を開始する。何度もテキストを繰り返し、そして問題集を解く。抽象的な概念が具体化できるようになればベストだ。

このように出題科目でも学習タイプが異なることが分かる。それは「必要な時期に必要な学習をする」、このようにも言い換えることができる。ぜひ頭を徹底的に使い、自分なりの合格戦略を立てて欲しいと思う。宅建試験ガイドはこちら(LEC東京リーガルマインド宅建講座)

おすすめ試験対策スクール

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

ゼミネット・宅建講座 分野別の専門実力派講師陣による講義。記憶に残るオリジナル電子黒板講義で知識の定着を図る。宅建講師室が直接回答する質問・相談制度も。元資格の大原の人気講師である大澤茂雄先生(宅建ダイナマイトスクール主宰)や、元LECの渡部正和先生らが講義を担当。

(スポンサードリンク)
宅建


関連記事

(スポンサードリンク)