不動産受験新報 2015年秋号

不動産受験新報2015年秋号(2015年10月号)が発売になった。特集は試験直前重点対策である。

2015年秋には、宅建士試験、行政書士試験、マンション管理士試験、管理業務主任者試験など、不動産系や法律系の国家試験が数多く実施される。それらの直前対策を行うのが本号である。

難関試験の合格には過去問を繰り返し学習することが効果的とされるが、最近ではプラスアルファの学習も必要になっている。そこで本号では直前期にあたる今にしておきたい重点分野を詳しく解説している。

また司法書士試験や土地家屋調査士試験では、筆記試験に加え、記述式が出題される。しかも合格を左右する大きな分野である。この点から重点対策として「国家試験記述式講座 司法書士・不動産登記記述式」「司法書士・商業登記記述式」「土地家屋調査士・記述式」も掲載している。

このほか不動産系試験と一部出題範囲が重なるFP(ファイナンシャルプランナー)試験の関連として「FPガイダンス第17回」、漫画で分かりやすく理解できる「巻頭コミック」では「相続に心を!相続入門」を掲載。また独学受験生の方必見の「改正法令・試験情報」も。ぜひ合格に向けてフル活用して頂きたい。不動産受験新報2015年秋号の詳細はこちら

不動産受験新報 2015年秋号
▲ 不動産受験新報2015年。特集は「試験直前重点対策」。記述式を中心とした「重点対策」も。

(スポンサードリンク)


関連記事

(スポンサードリンク)