宅建士試験願書受け付け、願書の配布場所も

従来の宅地建物取引主任者から格上げとなった宅地建物取引士(宅建士)。その記念すべき第1回となる平成27年度本試験の願書受け付けが始まった。

(スポンサードリンク)

出願の方法だが、インターネットによる出願と郵送による出願がある。まずインターネットだが、申込み期間は平成27年7月1日(水)の9時30分から7月15日(水)21時59分まで。ネットによる出願のため、24時間どこからでも出願できるのがうれしい。もっとも出願はパソコンのみとなっているで注意して頂きたい。

次に郵送による出願だが、こちらは平成27年7月1日(水)から7月31日(金)までと受付期間に幅がある。したがって出願を迷っている受験生の方はこちらがお勧め。ただし出願が遅くなると希望会場での受験ができなくなるので気を付けたい。

また願書の入手方法だが、各都道府県の大型書店などで無料配布している。したがって書店で宅建試験対策の書籍を購入した際に、一緒に願書をもらうと良いだろう。

なお平成27年度宅建士試験の実施日は平成27年10月18日(日)13時から15時まで(2時間、登録講習修了者は10分遅れでスタート)で、合格発表日は、平成27年12月2日(水)となっている。今年の宅建士試験の難易度は難しくなるとの声が多いが、ぜひ受験生の方には合格に向けて頑張って頂きたい。

宅建士試験の出願関連サイト

1、願書配布場所一覧(試験実施団体である不動産適正取引推進機構によるもの。都道府県別に表示している)
2、インターネットによる申し込みはこちら(不動産適正取引推進機構のページ、出願時の注意点も掲載している)

おすすめ試験対策スクール

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

ゼミネット・宅建講座 分野別の専門実力派講師陣による講義。記憶に残るオリジナル電子黒板講義で知識の定着を図る。宅建講師室が直接回答する質問・相談制度も。元資格の大原の人気講師である大澤茂雄先生(宅建ダイナマイトスクール主宰)や、元LECの渡部正和先生らが講義を担当。

(スポンサードリンク)
宅建


関連記事

(スポンサードリンク)