行政書士

【行政書士試験コラム】記述式対策、用語は正確に書けるように

投稿日:2014年11月11日 更新日:

平成18年の新試験制度以降で最も難しい内容となった平成26年度行政書士試験。民法の難化や通信・個人情報保護の出題が減るなどサプライズが数多くあったが、忘れてはいけないのが40字記述式である。

中でも注目したいのが地方自治法に関する出題(問題44)。「条例」「A市議会」「指定管理者」「公の施設」など用語(キーワード)が書ければ合格点が取れる内容であり、また指定管理者制度は択一でも学習する分野である。したがって問題44の難易度は高くないと評価されている。

しかし漢字の読みができても、正確に書けるとは限らない。これと同じで40字記述式問題においても、「指定管理者」は分かっているが、正確に書けているとは限らない。実際に「指定管理団体」などと間違った用語を書いてしまい、得点につながらない受験生の方も多かったのではないだろうか。

そして今後の学習としては、このような用語をしっかり正確に書けるように練習をしておきたい。民法・物権変動で登場する「欠缺(けんけつ)」辺りは書けると思うが、相殺で出てくる「対当額(たいとうがく)」は書けるだろうか。「対等額」などと間違って覚えていないだろうか。

また平成26年度本試験で地方自治法が出題された以上、来年以降は憲法と商法においても重要用語を正確に書けるようにしておきたい。単語集にしてみても良いだろう。定義も正確に覚えることができ、一石二鳥と言える。

行政書士

おすすめ試験対策スクール

TAC行政書士講座 効率よく実力を身につけることができる戦略的カリキュラムが特長のTAC。重要ポイントを絞った分かりやすい講義。忙しい社会人でも学習が続けられる充実したフォロー。まずは無料の資料請求から。

伊藤塾行政書士講座  質にこだわった講義と教材が特長の伊藤塾。「個別指導」もある伊藤塾ならではの充実した学習フォローシステムで、受験上の不安や疑問に対応。受講料バックアップ制度や割引キャンペーンなども実施。

LEC東京リーガルマインド 指導歴15年以上の横溝慎一郎先生ら実力派講師陣による講義。初学者向けコースから中上級レベル受験生まで様々なコースを用意。「早得」や「タイムセール」など各種キャンペーンの実施も。

行政書士講師ブログ

大手スクール行政書士講座の講師によるブログ新着記事。LEC、TAC、伊藤塾、資格スクエア、アガルート、大原、フォーサイトほか。
行政書士講師ブログ
https://shikaku-pass.net/gyousei-koushi-blog/

スキマ時間で合格を目指す!

-行政書士

error:

Copyright© 速報試験ニュース , 2017 All Rights Reserved.