ニュース

資格取得費用が控除に、特定支出控除

投稿日:2013年3月5日 更新日:

試験対策サイトはこちら
資格取得のための講座は高額である場合が多い。また難関試験の試験対策講座などはかなりの金額になるのが一般的だ。この資格取得費用は通常ならば確定申告の控除対象とはならない。

しかしサラリーマン受験生の場合、今年から控除の可能性が出てくる。つまり税金の一部が戻ってくるのだ。

これは今年から始まった特定支出控除というもので、サラリーマンの場合だと今までは給与控除しか認められなかったが、「職務に直接必要な資格(一定の資格を除く)を取得するための支出」として控除の対象になる。

もっともすべての資格が対象となるのではなく、弁護士などは対象外となる。また取得を目指している資格が職務に関係している必要もある。そして領収書の保存や給与の支払者による証明も必要だ。

このように書くとなんだか特定支出控除は面倒な手続きのようにも思える。しかし慣れてしまえばそんなことはない。何より収入が右肩上がりの時代ではない今、税金の還付はとても大きい。ぜひサラリーマン受験生の方に参考にしてほしい。

■ 関連リンク
特定支出控除について(国税庁ホームページ)

一般

(スポンサードリンク)

-ニュース

error:

Copyright© 速報試験ニュース , 2018 All Rights Reserved.