TAC独学道場は通信講座+通学講座のハイブリット

大手大学受験予備校の代々木ゼミナールが、大規模な統廃合を進めるという。一番の理由として「少子化」が挙げられるが、もうひとつ大きな理由がある。それは通信のウエイトが以前よりも大きくなっていることだ。これは東進ハイスクールを見ても分かる。

難関試験対策の講座でも通信講座と通学講座の良い所取りをした講座がある。それは資格の学校TACによるTAC独学道場である(販売はTAC出版が行っている)。

このTAC独学道場とは、自宅などでTACの実力派講師による講義を受講して、模擬試験や予想大会など通学講座が組み込まれているもの。通学講座に通信講座を含ませることで、費用もお手軽になっている。ラインナップも社労士、宅建、行政書士、など難関国家資格を中心に充実している。もちろんTACが得意とする日商簿記や税理士、FPなど会計系資格も用意。

合格を目指す受験生の多くは学習時間に制約がある方なので、時間を効率よく使う面でもお勧めできる。自宅学習で疑問が生じたら質問カードの活用、そしてスクーリングで他の受験生と顔を合わすことによりモチベーションアップ、という具合だ。

したがって時間のない受験生の方、比較的安い費用で大手スクールの講義を受講したい受験生の方にお勧めのハイブリッド講座とも言えよう。TAC独学道場の詳細はこちら(TAC出版)

■ TAC宅建独学道場【わかって合格るコース】動画から
(平成26年度版ではTAC宅建講座の実力派講師である木曽計行先生が担当)


関連記事

(スポンサードリンク)