書籍購入でポイントが付くネット書店、セブンネット・honto・楽天ブックス【比較】

インターネット通販で書籍を購入するケースが多いが、できることならばポイントが付与されるサイトが良い。そこでポイントが付くネット書店を紹介したい。

セブンネット

原則として100円(税抜)につき、nanacoポイントが1ポイント付与される(2016年10月現在)。貯まったポイントはセブンネットでの購入の際に使えるほか、電子マネーに交換してセブンイレブンなどで利用することができる。セブンネットショッピングはこちら

またフェアなどを実施していることがあり、このようなキャンペーンを利用するとポイントが普段によりも溜まりやすくなる。

セブンネットのメリットとしては、指定したセブンイレブンで書籍の受け取りが可能な点がある。特に自宅を不在にされがちな方にお勧めのネット書店と言えるだろう。

このような便利なセブンネットだが、貯まったポイントには有効期限がある。これには十分に注意して頂きたい。

7ネット
▲ セブンネットサイト(画像は公式サイトから)。なお購入に際し貯まったnanacoポイントは生活用品等、書籍以外の購入にも使用することが可能。

honto

紙の書籍と電子書籍のハイブリット書店「honto」。こちらも100円(税抜)の購入につき、1ポイント付与される(2016年10月現在)。このほか各種キャンペーンでも貯めることが可能。ポイントはhontoでの購入のほか、全国の提携書店で1ポイント=1円相当で使える。また慈善団体などに寄付できる。hontoポイントの詳細はこちら

hontoのポイントはネット書店での購入でも付与されるが、街中の提携書店(丸善・ジュンク堂・MARUZEN&ジュンク堂・文教堂・啓林堂書店のそれぞれの一部店舗、提携店舗一覧はこちら)での購入でもポイントが貯まる。

ネット書店と違い、思わぬ発見があるのが街中のリアル書店だが、そのようなケースでもhontoポイントが貯まるケースがある。このようにhontoはネット書店とリアル書店のハイブリッド書店とも言えるだろう。

hontoポイントについて
▲hontoポイントについて貯め方・使い方など(画像はhonto公式サイトから)

楽天ブックス

こちらも100円で1ポイントの割合。楽天市場などで使えるほか、他のポイントサービスとの交換も可能。また「キャンペーン・特集」「クーポン情報」「スペシャルプライスセール」などイベントを実施していることも多く、うまく利用することでポイントがさらに貯まる。楽天ブックス

楽天ブックス
▲各種キャンペーンを実施することがある楽天ブックス(画像は楽天ブックスサイトから)。

楽天ブックスの関連動画

「ポイント最大50倍!楽天市場お買い物マラソン」。各種キャンペーンは不定期に実施される。

ここまで購入に際しポイントが付与されるネット書店として、セブンネット・紙と電子書籍のハイブリッド書店honto・楽天ブックスについて見てきた。

このネット書店のポイント付与制度を見て頂くと分かるが、ポイントの額自体は大きく変わらない。したがって利用する場面や、この先のポイント利用の予定など、各種条件を比較検討して利用されることをお勧めしたい。


関連記事

(スポンサードリンク)