予備試験

LEC一般教養対策講座、英語を受講してみた

投稿日:2013年10月5日 更新日:

予備試験では法令科目の他に一般教養科目が出題されます。短答式だけでも法律科目2科目分のボリュームがあり、また論文試験でも一般教養が課されるので十分な対策が必要です。

私が受講している「予備試験スピードマスター1年コース」では一般教養対策講座も含まれています。全20回で、英語5回、数理判断1回・物理・生物・化学・数学が14回になっています(理系コースを選択した場合)。各回とも前半85分・後半85分・休憩10分の3時間講義で思った以上に学習量が多い感じがしました。

さて英語ですが、現在の予備試験の英語で求められるが「文法知識」と「単語力」であることを踏まえ、多くの時間を文法の解説に割いています。

内容としては大学受験の復習という感じなので、2倍速で聞き、1回の講義を1時間20分で終わらせています。もちろん別に単語力をつける必要があります。

なお基本テキストのほか副教材として「完全整理択一六法 一般教養」を使用していますが、社会科学や人文科学も良くまとめられており、文系科目の学習にも最適です。

したがって実際の予備試験では理系科目にとらわれずに、文系科目の選択も視野に入れて学習を進めるつもりです。

なお担当講師は永野康次先生です。永野康次先生はこの英語の講義の他、生物・地学などもお世話になりました。その永野康次先生ですが、平成27年度の司法試験に上位2桁合格をされ、LECでは基幹講座である入門講座を担当されることになりました。永野康次先生の詳細はこちら

予備試験

おすすめ試験対策スクール

資格スクエア 元伊藤塾の吉野勲先生による入門講座から、高野泰衡先生による論文+(プラス)まで。業界初の圧倒的低価格。

Wセミナー司法試験講座 法的知識ゼロから短期合格を目指す中村充先生の4A(4段階アルゴリズム)が特長。「4A基礎講座」では、「過去問(問題)」と「条文」を重視。まずは無料の資料請求から。

LEC東京リーガルマインド S式でお馴染みの柴田孝之先生、新司法試験56位合格の永野康次先生など実力派講師陣による講義。無料お試し講座あり。

司法試験講師ブログ

大手スクール司法試験講座講師によるブログ新着記事。LEC、Wセミナー、辰巳法律研究所など。
司法試験講師ブログ
https://shikaku-pass.net/shihou-koushi-blog/

-予備試験
-,

error:

Copyright© 速報試験ニュース , 2018 All Rights Reserved.