ごうかく!マンション管理士直前予想問題集、難易度アップも想定

平成26年11月30日(日)に実施される平成26年度マンション管理士試験。ここ数年の合格率は8%前後と、不動産系資格の中で難関試験の分類に入る。そんなマンション管理士試験の合格には過去問の学習が最適とされる。もっとも新しい論点が出題されることも少なくない。

そこで合格に向けて活用したいのが、直前予想問題集である。中でもお勧めなのがTAC出版の「ごうかく!マンション管理士直前予想問題集」である。これは法律資格の指導を得意とするWセミナーによる製作であり、過去にも的中実績がある。

本書の内容だが、本番同様に50問を4回分で合計200問を用意してある。したがって時間を計測しながら取り組むことで、時間配分のシミュレーションが可能だ。もちろんWセミナー独自の予想問題を収録。スクール利用の受験生の方はもちろんのこと、予想が難しい独学受験生の方にも最適と言えよう。

そして近年の難関国家資格に言えることがだが、急に難化することがある。たとえば平成26年度の司法書士試験や行政書士試験などである。そこで本書では全4回の最終回の1回を「難関・チャレンジ」レベルとしている。難易度は高いが、シミュレーションの一環として参考にしてほしい。ごうかく!マンション管理士直前予想問題集の詳細はこちら

ごうかくマンション管理士予想問題集
▲ 1回から3回までは過去の本試験レベル、最終回はチャレンジレベルとなっている「ごうかく!マンション管理士直前予想問題集」

おすすめ試験対策スクール

TACマンション管理士講座 学習へのモチベーションが続く分かりやすい講義。緻密な情報収集と分析による的中実績も。学習が続けられるフォローも。無料の講座パンフレットあり。

LEC東京リーガルマインド 管業・マン管試験の基本的な知識から応用的な論点までを効率的に学べる「出る順シリーズ」を使用。実力派講師陣による講義。「早得」「タイムセール」など各種キャンペーンの実施も。

ゼミネット 元資格の大原の人気講師で「世界一おもしろいぶっちぎり宅建」の著者である大澤茂雄先生や、受験界伝説のバイブル「完全想定300問」を執筆したの親泊哲先生などが担当。専門別担任制で、理解度のアップを目指す。無料体験版あり。

(スポンサードリンク)
マンション管理士


関連記事

(スポンサードリンク)