マンション管理士・管理業務主任者

2017年管理業務主任者試験解答速報、合格ライン予想・無料成績診断・講評動画まとめ

投稿日:2017年12月2日 更新日:

2017年12月3日(日)に実施された平成29年度管理業務主任者試験の解答速報のまとめです。講師による動画解説の公開や無料成績診断サービスなどが実施されます。合格ライン(ボーダーライン予想)等にお役立てください。

大手スクールによる解答速報

フォーサイト、資格の学校TACやLEC、大原など管理業務主任者講座を開講する大手スクールによる解答速報です。

フォーサイト

フォーサイト管理主任者講座は、試験日当日の12月3日夜に解答速報を公開する予定です。

解答速報の公開時間
2017年12月3日(日)19:00以降の公開を予定。

講評(解説動画含む)の公開時間
2017年度は未定。

ガイド
12月4日現在、解答速報のほか講評も公開中です

TAC管理業務主任者講座

資格の学校TAC・管理業務主任者講座では試験日当日夜に解答速報を公開する予定です。また平成29年度本試験の詳細な解説が入った冊子の無料送付サービスも実施します。

解答速報の公開時間
2017年12月3日(日)20:30の公開を予定。

ガイド
解説冊子はTAC講師陣による解説です

LEC東京リーガルマインド

LECマンション管理士講座も試験日当日の夜に解答速報を公開する予定です。またLEC講師陣による講評動画の公開や成績診断サービス「解答オンラインリサーチ」、分析会などの実施も。合格ライン予想にお役立てください。

解答速報の公開時間
2017年12月3日(日)20:00以降に公開予定。

ガイド
作文(資格を目指す理由)で、最大30%割引になるWeb奨学生試験も実施中です

ユーキャン(u-can)

管理業務主任者講座を開講するユーキャンによる解答速報です。ユーキャンでは定時ではなく、正解番号が判明した問題から公開します。 なお解答速報サイトの更新状況は、ユーキャンの解答速報ツイッターでもお知らせしています。

なお2015年度、2016年度本試験に続き、2017年度は無料成績診断「解答解説送付サービス」(旧「解答分析サービス」)を無料で実施。分析結果が自宅に郵送で届く便利なサービスです。詳細については、この記事内の「無料成績診断」の項目をご参照ください。

住宅新報社

「楽学管理業務主任者シリーズ」でお馴染みの住宅新報社の解答速報です。住宅新報社でも試験当日夜に公開する予定です。なお公開時間は変更になる場合があります。住宅新報社・解答速報はこちら

解答速報の公開時間
2017年12月3日(日)19時以降を予定。

解答速報号および解説号
なお情報誌「住宅新報解答速報号」で、試験問題や詳細な解答解説等を掲載する予定です。
・12月12日発売号 「管理業務主任者試験 問題と解答・解説」号
なお価格は1部360円(デジタル版)です。解答速報号の詳細はこちら

資格の大原

資格の大原・管理業務主任者講座も試験日当日の夜に解答速報を公開する予定です。また「本試験採点サービス」や「本試験分析会」の実施など、合格ライン予想に役立つコンテンツを多数用意しています。合わせてご利用ください。大原・解答速報はこちら

氷見敏明先生

クレアール宅建士講座や「マンガはじめてマンション管理士・管理業務主任者」の著者でもある氷見敏明先生による解答速報です。氷見敏明先生のブログはこちら

先生の公式ブログ「氷見敏明 楽学 宅建 ブログ 神楽坂 グルメ 散歩 マンション管理士 管理業務主任者」では、例年解答速報を掲載しています。

無料成績診断サービス

管理業務主任者試験の合格ライン(合格基準点)は、宅建試験やマンション管理士試験などと同じく、試験の難易度等により変動します。したがって正確な合格ラインは来年の1月19日(金)の合格発表日まで分かりません。

合格ラインは?
(画像はイメージです。)

したがってネット上の掲示板などでは、予想合格ラインの話題で持ちきりになりますが、信頼度に欠けます。そこで受験生の方に利用して頂きたいのが大手スクールによる「無料成績診断サービス」です。

スクールにより対象内容は異なりますが、「参加者間の順位」「問題別の正答率」「平均点」などの各種分析データが無料で提供されます。また全国規模で実施される点でもおすすめです。なおデータ入力の締切り期限があるのが一般的ですので、注意してください。

資格の学校TAC

TAC管理業務主任者講座では、期間限定で「本試験データリサーチ(無料Web採点サービス)」を実施します。「インターネットだからできる、リアルタイムで解答分析」が特長の無料分析サービスです。

この分析サービスは、「日本全国の受験生から解答データを収集し、より精度の高い得点分析結果を提供(TACサイトより)」という大規模なもので、得点・順位・平均点・正答率など各種データが閲覧できます(期間限定)。

ガイド
登録期間に注意してください。締め切り直前は混雑も

LEC東京リーガルマインド

LEC管理業務主任者講座でも無料成績診断サービス「解答オンラインリサーチ」を実施します。

この解答オンラインリサーチでは、全国の受験生の方から集計した解答状況を分析し、結果公開時に「総合成績表」と「個人成績表」の閲覧が可能になります。

また登録期間中に参加された方には、解説PDFファイル「2017本試験問題解説冊子pdf」も閲覧できる予定です。試験の詳細な分析をされる受験生の方にお勧めです。

ユーキャン

ユーキャンでは解答速報の公開に加えて、無料成績診断にあたる「解答分析サービス」を実施しました。利用方法は簡単。解答速報ページにある入力ページから、「解答番号」をクリックするだけ。

この分析サービスの結果ですが、郵送される予定です。この際に分析結果のほか「ワンポイント解説」などの添付も。詳しくはユーキャンの解答速報ページで御確認ください。

今年も「解答解説送付サービス」実施します!
本試験での解答を入力していただければ、本試験の解答と1行解説をお送りします。ぜひ、ご参加ください!

参加方法
必要事項をフォームに入力し、ユーキャンに送信します。
12月下旬頃、当サービスをご利用いただいた皆様の解答を自動採点し、得点分布や平均点、正解率などのデータと本試験の1行解説を郵送でお届けします。
参加申込は、2017年12月11日(月)10時が締め切りです。

引用:ユーキャン

資格の大原

資格の大原では「本試験採点サービス」を無料で実施。受験生の方が解答を入力すれば、その場で得点が分かります。そして入力された方の得点を判定し、収集した解答状況データを分析します。受付期間に注意してください。大原・本試験採点サービスはこちら

解答解説の無料送付(閲覧)サービス

12月3日(日)の本試験終了後には解答速報を利用した、予想得点を知ることが一番の関心事だと思います。もっとも合格ラインを予想するには、試験問題を検討し難易度を分析することが重要です。

そこで詳細な解説冊子の無料送付(スクールによっては閲覧)を行うサービスを紹介します。合格ライン予想の参考資料はもちろん、2017年度本試験の合格を目指す受験生の方は、過去問分析としても利用できると思います。

資格の学校TAC

TAC管理業務主任者講座では、講師陣による詳細な解説入り「平成29年度管理業務主任者試験解答解説冊子」を希望者の方に無料送付します。なお発送時期は2018年2月中旬以降を予定。詳細については、TAC解答速報ページで御確認ください。

資格の大原

資格の大原では昨年度に引き続き「問題・解答解説 閲覧サービス」を実施します。このサービスは平成29年度管理業務主任者試験の問題および解答解説を大原サイト上で無料で閲覧できるもの。

なおご利用方法ですが、申込時のメールアドレスに問題・解答解説のアドレスが掲載されてたメールが返信されます。このほか実施時期など詳細については、大原・解答速報サイトをご参照ください。

講評

フォーサイト管理業務主任者講座

フォーサイトによる平成29年度管理業務主任者試験の講評です。試験の難易度について評価されているほか、後半部分では「形式面の分析」「適正化法・指針」「区分所有法」「規約」「委託契約書」「その他の法令」「建物・設備」「出納・会計」など、各分野別に詳細な講評がされています。

平成29年度 管理業務主任者試験の講評

平成29年12月3日(日)に、平成29年度管理業務主任者試験が実施されました。
受験された方は、本当にお疲れ様でした。
今年の試験について、全体的な難易度は、「やや易しい」という印象でした。

基礎的な問題や過去に出題された問題も多数出題されていたこともあり、過去問を中心に準備されていた受験生にとっては、比較的、時間に余裕がある状況で、確実に得点を1点、1点積み上げていくという戦いであったように思われます。
(以下省略、科目別難易度などは公式サイトで)

引用 フォーサイト「平成29年度 管理業務主任者試験の講評(2017/12/04)」
http://www.foresight.jp/mankan/kaisetsu/2017kan/

(なお上記記事の各評価は2017年12月4日午前9時現在のものであり、今後難易度など評価が変わる場合があります。)

【速報版】講評動画

フォーサイト

大島浩之講師による講評動画。約12分に亘り、平成29年度本試験について解説しています。なおフォーサイト管理業務主任者では各科目の講評も公開しています。こちらも併せて参考にされると良いでしょう。

【動画】「平成29年度管理業務主任者試験『解答速報・試験講評』」

民法・区分法(LEC)

「【管業】2017ここが出た!管業本試験解答速報 民法・区分法」。小野明彦LEC専任講師が約16分に亘り、今回の試験のポイントを解説!

実務・会計・設備系(LEC)

「【管業】2017ここが出た!管業本試験解答速報 実務・会計・設備系」。LEC亀田信昭先生によるポイント解説動画。約23分の収録内容です。

規約・適正化法(LEC)

「【管業】2017ここが出た!管業本試験解答速報 規約・適正化法」。LEC太田清彦先生による動画解説。約18分の収録内容です。

講師の方のブログ記事(講評)

平柳将人先生(TAC独学道場ほか)、合格ライン予想や難易度も

ユーキャンの試験対策書籍やTAC独学道場で講義を担当する平柳将人先生の公式ブログ「平柳のマンション管理士・管理業務主任者弾き語り」から。

平柳は、毎年マンション管理士試験及び管理業務主任者試験を受験(マークシートは白紙提出)をし、本試験中に全問を個人的に分析してランク付け(受験生目線での回答のしやすさをランク化)しています。

その結果、今年の管理業務主任者本試験の分析ランクの結果は、昨年の問題でランク付けをしたものと類似した状況になっています。

個数問題の数は例年5問程度であるのと比べると少ないですが、設備系が問題としてはちょっと…でしたね。

正直、管理業務主任者受験生に対して、「業務上、主任者として持っておくべき知識」という観点からの出題として適切なのか疑問が生じるようなものも見受けられます。

ただ、だからこそ、それ以外の「基本的な問題」での取りこぼしが命取り。

全体としては、法令系を中心に、いつも講義で話しているとおり、過去問「を」勉強するのではなく、過去問「で」勉強していれば、選択肢を絞れたり、考えるヒントがわかったりする問題・選択肢も相当数あります。

その意味で、まだ受験生データも何もない状態ではありますけれど、本試験中の分析結果だけからすれば、個人的には35~36点が一つの目安になるかなと思います。

引用「管理業務主任者 本試験お疲れ様でした!」
https://ameblo.jp/hirayanagi4953/entry-12331701356.html

なお上記記事は2017年12月03日(日) 20時48分に投稿された記事であり、合格ライン予想については今後変更になる場合があります。また今回の記事では科目別の分析(速報版)も掲載されており、具体的にどの科目のどこがポイントなのか等、参考になる部分が多いと思います。

亀田信昭先生(LECマン管講座)、問題の難易度は?

LEC東京リーガルマインドの亀田信昭先生によるブログ「カメ山君のマン管部屋~今年はカメ山君がマンション管理士も管理業務主任者もやっつけます!(・◇・)」から。

また本記事はLECの公式見解ではなく、亀田信昭先生独自の見解です。

午後 6時ごろ
目安に頑張ります。
お疲れ様でした。
設備で、やや雑学ぽいのがあったけど、

全般通じて簡単でした。
やっぱり過去問につきました。

引用「2017 管業 解答速報|カメ山君のマン管部屋」
http://wachagona857man.blogspot.jp/2017/12/blog-post.html

野村泰弘先生(資格の大原)、合格ライン予想も

資格の大原・管理業務主任者講座の野村泰弘先生によるブログ「不動産資格王 野村の資格取得革命」から。また本記事は資格の大原の公式見解ではなく、野村泰弘先生独自の見解です。

ひとまず簡易レビューを。

内容的には昨年よりも若干易しいですが、個数問題が1問増です。

合格ラインは昨年と同じくらいと考えています。

詳細はまた後日。

引用「管理業務主任者2017お疲れさまでした」
https://ameblo.jp/nomu-shikaku/entry-12333514963.html

なお本記事は2017年12月3日 22時23分に投稿された記事であり、今後試験の難易度や合格ラインの評価は変わる場合があります。

試験のスケジュールなど

・試験の実施 平成29年12月3日(日)午後1時から2時間
・合格発表日 平成30年1月19日(金)を予定。

過去10年の合格率・合格ライン(合格点)

(順に実施年度・合格率・合格ラインの順です。)
2006年(平成18年) 20.2% 33点
2007年(平成19年) 22.3% 33点
2008年(平成20年) 20.3% 34点
2009年(平成21年) 20.5% 34点
2010年(平成22年) 20.1% 36点
2011年(平成23年) 20.7% 35点
2012年(平成24年) 21.9% 37点
2013年(平成25年) 22.5% 32点
2014年(平成26年) 21.0% 35点
2015年(平成27年) 23.6% 34点
2016年(平成28年) 22.5% 35点

みんなの解答速報

※ 下のフォームから受験生の方の解答状況、受験した感想、ボーダー予想など、投稿をお待ちしています。

お名前(性別は任意です)

メッセージ本文(解答内容、難易度の感想、ボーダー予想など)

フォームに入力されたら「確認」にチェックを入れて
送信ボタンを押してください。

確認

「みんなの解答速報」利用規約はこちら

頂いたコメント

タンク様

管理業務主任者の合格点は、34点でほぼ確定。
詳しくは、ブラッシュアップ氏の投稿を参考にされたし。
(2017年12月10日2:21 PM)
ひろゆき様
マンション管理士の合格ラインは?
(2017年12月7日9:54 AM)
ひろゆき様
試験なので、少し割引きの実力だったかも知れません。35点なので。残念な問題は今年は2問。昨年より難しい感じ受けて、個数問題も増えてるので、昨年と同点若しくはもう少し下がるのか?とは思いますがあまいでしょうか?
(2017年12月7日9:52 AM)
か様
36点
(2017年12月7日7:14 AM)
赤い彗星様
難しかった。
33点。
ちと厳しいかな。
来年まただと面倒くさい
(2017年12月3日7:24 PM)
ゲン様
管理業務主任者試験の問7でマンション管理業者が保管する設計図書、管理規約の原本、総会議事録、総会議案書等の図書等に加え、組合員等の名簿・・・とありますが、これらの書類は原則、管理者が保管すべき物と理解していたのですが、間違いでしょうか?どうもこの設問が腑に落ちません。お教え下さい。
(2016年12月7日1:57 PM)

まとめ

ここまで2017年12月3日(日)に行われた平成29年度管理業務主任者試験の解答速報を中心に、無料成績診断や講評動画など関連コンテンツについてまとめてきました。

さて管理業務主任者試験は相対評価で合格が決まります。したがって問題が難しければ合格ラインは下がり、反対に簡単であれば合格ラインは上がります。

もっとも本試験日から来年1月の合格発表日までは、約1か月半という長い期間があり、合格可能性や合格ライン予想に一喜一憂する受験生の方もいらっしゃると思います。

しかしネット上の制度の低い情報を元に、合格ライン予想に時間を費やすのは無駄なことです。TACやLEC、ユーキャンなどの大手の無料成績診断サービスで合格可能性を探ったら、できるだけ早く次のステージに進みましょう。試験は通過点であり、合格後に本格的な学習が待っているからです。

したがって不動産の関連書籍を読んだり、また管理業務主任者と関連のある資格(マンション管理士・行政書士など)を取得してビジネスチャンスの拡大を狙うのもお勧めです。合格ライン予想に費やすのは試験後1週間程度にしておくのが得策です。

マン管

おすすめ試験対策スクール

ゼミネット 元資格の大原の人気講師で「世界一おもしろいぶっちぎり宅建」の著者である大澤茂雄先生や、受験界伝説のバイブル「完全想定300問」を執筆したの親泊哲先生などが担当。専門別担任制で、理解度のアップを目指す。無料体験版あり。

TACマンション管理士講座 学習へのモチベーションが続く分かりやすい講義。緻密な情報収集と分析による的中実績も。学習が続けられるフォローも。無料の講座パンフレットあり。

LEC東京リーガルマインド 管業・マン管試験の基本的な知識から応用的な論点までを効率的に学べる「出る順シリーズ」を使用。実力派講師陣による講義。「早得」「タイムセール」など各種キャンペーンの実施も。

(スポンサードリンク)
マンション管理士

-マンション管理士・管理業務主任者
-

error:

Copyright© 速報試験ニュース , 2017 All Rights Reserved.