行政書士合格発表、合否通知書の写真・合格証が届く時間と開業実務講座比較

行政書士試験の合格発表が1月下旬にされる。法律系資格の入門とされる行政書士試験だが、合格は決して簡単ではなく、合格まで数年かかるケースも少なくない。そんな行政書士試験に合格された受験生の方、おめでとうございます。

さて行政書士試験の合格発表がされると、合否通知書が同時に発送される。この合否通知書には氏名・生年月日・試験地(都道府県)・試験会場・受験番号・合否区分(合格・不合格)が記載されている。

合否通知書は重要

この記載だが、結構重要な意味を持つ。合格された方だと、この情報を元に合格証が発行され送付される。したがって氏名・生年月日に誤りがある場合は、試験実施団体の行政書士試験研究センターまで、速やかに連絡する必要がある(誤りは少ないと思うが、結婚などのケースは考えられるだろう。なお婚姻等で氏名の変更があった場合は、変更届を提出すれば良い)。

合否通知書1
(合否通知書のはがき。合格発表日当日か一両日中に自宅に送付される)

そして合否通知書の右側には、合格判定基準と受験生の方の「得点」が掲載される。順に「配点(合否通知書の裏面に記載)」「合格基準点」「得点」となっている。

この得点だが、法令等「5肢択一式」「多肢選択式」「記述式」、一般知識等、総得点「5肢択一式」「多肢選択式」「記述式」がそれぞれ掲載されている。なお択一式の得点が一定基準まで達していない場合、記述式の採点は行われない。その場合の得点欄は「**」と表記される。

合否通知書2
(合否通知書の中身。詳細な得点が掲載されている。)

合格証が届くまでの時間

そしてめでたく合格された方には、2月下旬ごろ行政書士試験研究センターから合格証が届く。これはA5サイズの封筒で、私の合格年度では簡易書留で届いた。したがって不在の場合は配達員の方が持ち帰る。またこの時期特有の問題であるが、雪が本格的に降る時期でもある。この雪により配達自体が遅れるケースもあるので留意して頂きたい。

行政書士合格証1
(行政書士試験研究センターから届いた合格証の封筒。写真では分からないが、とても薄い。)

封筒を開けると、「合格証の交付について」という紙と「行政書士試験合格証」の紙が入っている。まず「合格証の交付について」は以下のようなことが書いてある。

合格証の交付について

平成××年度の行政書士試験に合格されましたので、行政書士試験事務規程第27条の規定により合格証を交付いたします。
今回行政書士試験に合格された皆様は、行政書士となる資格を有することになりますが、あなたが行政書士になるためには、あなたが行政書士事務所を設けようとする都道府県の行政書士会を経由して日本行政書士連合会に備える行政書士名簿に登録する必要があります。各都道府県行政書士会一覧を同封いたしますのでご利用下さい。
(抜粋、文章中一部省略)

行政書士合格証2
(「合格証の交付について」。裏面は全国の行政書士会の所在地一覧になっている。)

そして肝心の行政書士試験合格証。きれいに印刷された書面になっている。合格者の氏名、生年月日、合格を証する旨の文章、総務大臣名、都道府県知事名が記載されている。

行政書士合格証3
(「行政書士試験合格証」。これは厚紙に印刷されている。この他に封筒が簡単に折り曲げられないよう、厚紙が1枚下敷きとして入っている。)

この書面にもあるように、行政書士試験に合格しただけでは行政書士としては活躍できない。各行政書士会に登録(入会)する必要がある。

実務を覚えるなら開業講座の受講がおすすめ

そしてもうひとつ、実務を覚える必要がある。書籍や自治体に用意されている手引書等でも覚えることは可能だが、スタートの段階で大枠を学んでおくことをお勧めしたい。最近では大手資格スクールなどで行政書士実務講座(開業講座)を開講しているところが多い。

気を付けるべき点は、新人行政書士を狙った開業セミナーである(いわゆる「ひよこ狩り」とか「ひよこ食い」と呼ばれる)。実務経験や仕事が少ない行政書士がセミナー料を目当てに行うことが多く、メンタルやマインド養成など、行政書士実務と関連が薄い講座も。

この点からも行政書士実務について時間を掛けて分かりやすく講義する「大手資格スクール」の実務講座がお勧めだ。なお受講にあたっては、ご自分の目的やスケジュール・費用等など、比較検討して選ばれると良いだろう。

大手資格スクールによる実務講座(開業講座)の比較

LEC行政書士講座

LEC東京リーガルマインドの開業講座。行政書士実務の初歩の初歩からスタートする「実務スタートアップ講座」、LEC渋谷駅前本校で開講した開業講座と、過去に実施・販売された開業講座の中から、特に好評を得ている講座をセットにした「開業講座リバイバル」、開業ノウハウに特化した「開業ノウハウ講座」、行政書士の新たな業務として注目を集めるADR(裁判外紛争解決手続)を扱った「新ADR講座」など、多彩なラインナップが特長。LEC行政書士・開業講座の詳細はこちら

LEC行政書士開業講座
▲LEC行政書士講座・開業講座ページから(人物画像は加工しています)。このLEC開業講座ページでは、実務家講演会の案内ページも。実際の業務、事務所運営、開業へのモチベーションアップなど参考になるかもしれない。

TAC行政書士講座

資格の学校・TACによる実務講座。実務講座専用に実務家講師が書き下ろしたオリジナルテキスト。分かりやすさに重点を置く一方、実際の書式を示すなど実務に直結した内容になっている。

2017年度の場合、「建設業許可申請業務」「会社設立業務」「相続・成年後見業務」「産業廃棄物関連業務」「NPO法人設立業務」「入管業務」など、全8回のカリキュラムとなっている。現役の行政書士であり、またTAC行政書士講座で受験指導も行う講師が講義を担当する。通学教室の他、通信講座も用意。TAC行政書士・実務講座の詳細はこちら

関連動画【TAC行政書士】実務講座特別セミナー「独立開業の魅力と将来性」
TAC行政書士講座の講師であり、現役の行政書士でもある大塚政秀先生(東京行政書士会)が、行政書士の業務や自身の業務に関するエピソード、そして新たなビジネスチャンスとして注目を集める特定行政書士等について。収録時間は約53分のボリュームになっている。

伊藤塾行政書士講座

司法試験や司法書士試験など法律系資格の指導を得意とする伊藤塾の「行政書士実務開業講座」。開業に必要な知識・能力・スキルのマスターを目標とする。

2017年度の場合、「入門マスター」「実践マスターインプット編・アウトプット編」「事業経営・マーケティング戦略論 実践編」「スクーリング」「開業・実務・事業経営 何でも相談室」など段階的にマスターできる仕組みになっている。ボリュームあるフルパックも用意。

また任意参加であるが、担当講師の事務所訪問をするフォローアップも用意。また実践マスターでは、「遺言・相続業務」「交通事故業務」「建設業務・宅建業務」などテーマ別受講も可能になっている。伊藤塾・行政書士実務講座特集はこちら

関連動画「実務講座まるわかり 2017年伊藤塾実務講座説明会」
伊藤塾の特長を解説。実務だけではなく、マーケティングもレクチャー。実際の書類作成などアウトプットトレーニングや、スクーリングでは実務家のアドバイスも。この他にも懇親会など各種イベントも随時実施。情報交換のチャンスも

まとめ

ここまで行政書士試験の合格発表から、合否通知書・合格証、実務講座(開業講座)について書いてきた。

合格後に行政書士として独立開業される方も、あるいは開業はしないものの次のステップに向けてスタートを切られる方も言えるが、行政書士試験対策において培った実力と経験は今後の人生においても大きな糧となるだろう。ぜひ次のステップでも頑張って頂きたいと思う。

おすすめ試験対策スクール

TAC行政書士講座 効率よく実力を身につけることができる戦略的カリキュラムが特長のTAC。重要ポイントを絞った分かりやすい講義。忙しい社会人でも学習が続けられる充実したフォロー。まずは無料の資料請求から。

伊藤塾行政書士講座  質にこだわった講義と教材が特長の伊藤塾。「個別指導」もある伊藤塾ならではの充実した学習フォローシステムで、受験上の不安や疑問に対応。受講料バックアップ制度や割引キャンペーンなども実施。

LEC東京リーガルマインド 指導歴15年以上の横溝慎一郎先生ら実力派講師陣による講義。初学者向けコースから中上級レベル受験生まで様々なコースを用意。「早得」や「タイムセール」など各種キャンペーンの実施も。

行政書士講師ブログ

大手スクール行政書士講座の講師によるブログ新着記事。LEC、TAC、伊藤塾、資格スクエア、アガルート、大原、フォーサイトほか。
行政書士講師ブログ
https://shikaku-pass.net/gyousei-koushi-blog/

(スポンサードリンク)
行政書士


関連記事

(スポンサードリンク)