ニュース

不動産受験新報2013年秋号

投稿日:2013年9月6日 更新日:

不動産受験新報2013年秋号が発売になった。特集は「ラスト1カ月で決まる!国家試験合格の法則、宅建・行政書士・マンション管理士・管理業務主任者」である。

宅建試験は10月、行政書士試験は11月実施など、秋は難関国家資格の受験シーズンとなる。その資格試験の合否を大きく左右するのが直前期の過ごし方だ。そこで本号では、ラスト1か月の効果的な学習法を紹介する。この他にも暗記すべきポイントや出題予想も実施。特に行政書士試験では、受験生が対応に苦しんでいる一般知識にも対処している。

そして特集2として、「次に狙うのはどれだ!注目の不動産資格」を掲載。不動産資格の中から、賃貸不動産経営管理士・ビル経営管理士・不動産コンサルティング技能試験・JSHI公認ホームインスペクター試験など将来有望な資格を紹介している。ダブル資格で業務の拡大やビジネスチャンスの拡大につなげたい。

さらに不動産資格の最難関である司法書士試験対策の記事も掲載している。筆記試験の合格発表まで時間のある今の時期、全く学習していない受験生の方が多い。これはインプットした知識を忘れてしまうリスクがあり、ぜひ不動産受験新報2013年秋号で重要知識の維持に努めたい。不動産受験新報2013年秋号の詳細はこちら


▲ 直前期の学習に最適な不動産受験新報2013年秋号

一般

(スポンサードリンク)

-ニュース
-

Copyright© 速報試験ニュース , 2018 All Rights Reserved.