USB手袋、寒い冬のパソコン作業にお勧め

寒い冬のパソコン作業。あまりの寒さに「手が思うように動かない」、そんなことはないだろうか。これでは作業も思ったように進まない。

そんな悩みを持っている方にお勧めなのが、USB手袋である。これはパソコンのUSBに接続するだけで、手袋内の電熱線が温まる手袋だ。接続してすぐに温まるのがうれしい。もちろん手袋をしない状態に比べれば多少の自由度は落ちるが、指先には穴が開いているのでタイピングも可能。

またパソコン作業だけではなく、スマートフォンを使うときにも最適だ。手袋の温度も人間の体温に近いものに設定されているため、暑すぎず、寒すぎずに操作が行える。

短所と言えばコードの長さであろうか。もっとも別に用意されているUSB延長ケーブルを使えば最長で5mまで延長可能になる。これだけの長さがあれば十分という感じだ。

なお本商品はフジテレビ系情報番組「めざましテレビ」で2013年11月12日に放映されたという。今年の冬は寒く、また電気料金も高い。暖房費の節約からもお勧めしたい。


関連記事

(スポンサードリンク)