資格試験・検定合格に役立つニュース、最新情報です。

速報試験ニュース

気象予報士

【解答速報】気象予報士試験、合格発表日・過去問・合格ライン・免除制度まとめ

投稿日:2017年8月25日 更新日:

2017年8月27日(日)に行われる平成29年度第1回(第48回)気象予報士試験の解答速報等のまとめです。大手スクールを中心に解答速報を公開する予定です。受験生の方はぜひ合格予想の参考資料としてご活用ください。

大手スクールや講師による解答速報

ユーキャン

通信教育のユーキャンによる解答速報。解答速報の公開時間は、2017年8月28日(月)以降を予定しています。また解答速報の更新状況は、ユーキャンの解答速報ツイッターでも案内しています。自動採点サービスも実施予定です。ユーキャンの解答速報へ

8月27日(日)実施の「平成29年度第1回(通算第48回) 気象予報士試験」の解答速報をユーキャンサイトにて公開

株式会社ユーキャンでは、2017年8月27日(日)に実施される「平成29年度第1回(通算第48回) 気象予報士試験」の解答速報を、試験日翌日以降、順次WEBサイトにて公開いたします。 解答速報の更新状況はTwitterに開設したユーキャンの解答速報アカウントで告知いたします。

引用:ユーキャン
http://www.u-can.co.jp/company/news/1199935_3482.html

飯沼孝先生による解答速報

LEC東京リーガルマインド、ヒューマンで受験指導を行い、現在は資格スクエア気象予報士講座で講義を担当する飯沼孝先生による解答速報。

毎回試験後にご自身の公式ブログ「気象予報士のお仕事 by 気象予報士プロ」で公開していることがあります(第44回~47回試験は解答速報を行っています)。飯沼孝先生の公式ブログはこちら

藤田真司の気象予報士塾

第48回気象予報士試験の学科試験(「一般知識」および「専門知識」)の解答速報です。藤田真司の気象予報士塾・解答速報ページはこちら

模範解答

気象予報士試験を実施する気象業務支援センターによる模範解答です(実技試験及び学科試験)。試験実施団体による模範解答はこちら

第48回試験の実施スケジュールなど

・試験の実施 平成29年8月27日(日)
・合格発表日 平成29年10月6日(金)

みんなの解答速報

※ 下のフォームから受験生の方の解答状況、受験した感想、ボーダー予想など、投稿をお待ちしています。

お名前(性別は任意です)

メッセージ本文(解答内容、難易度の感想、ボーダー予想など)

フォームに入力されたら「確認」にチェックを入れて
送信ボタンを押してください。

確認

「みんなの解答速報」利用規約はこちら

過去問や合格ラインなど

過去問題と模範解答例

気象予報士試験を行う気象業務支援センターのホームページ。過去3年度分の問題と模範解答を公開しています(学科試験及び実技試験)。難関試験である気象予報士試験対策の第一歩は過去問分析から。ぜひ合格に向けて過去問を活用して頂きたいと思います。気象業務支援センターはこちら

おすすめの過去問題集

気象予報士試験を実施する気象業務支援センターでも過去の出題と模範解答は分かりますが、詳しい解説があると試験対策の面でもお勧めです。

そこで詳しい解説が掲載されているのが、「気象予報士試験 模範解答と解説」です。これは天気予報技術研究会が制作する過去問題集で、回数別で発売されています。

したがって本試験と同じ時間帯で問題を解くことにより、本番を意識したシミュレーションとしての利用方法もあるでしょう。もちろん弱点分野の発見にもお勧めです。

合格ライン(合格基準)

学科試験(予報業務に関する一般知識):15問中正解が11以上
学科試験(予報業務に関する専門知識):15問中正解が11以上
実技試験:総得点が満点の70%以上
※ ただし,難易度により調整する場合があります

※ 気象業務支援センターのホームページより引用。
http://www.jmbsc.or.jp/jp/examination/examination-2.html

過去の合格率(最近に実施された試験)

ここで過去に実施された気象予報士試験の合格率を確認しておきましょう。実施回により多少の幅はありますが、合格率は4%台です。

最近の気象予報士試験の合格率
平成24年第1回(通算38回試験) 4.2%
平成24年第2回(通算39回試験) 4.0%
平成25年第1回(通算40回試験) 4.7%
平成25年第2回(通算41回試験) 4.0%
平成26年第1回(通算42回試験) 4.9%
平成26年第2回(通算43回試験) 4.2%
平成27年第1回(通算44回試験) 4.0%
平成27年第2回(通算45回試験) 4.5%
平成29年第1回(通算46回試験) 4.1%

この合格率には免除制度を利用した合格者も含まれているため、一回での合格となると更に合格率は低く、気象予報士試験は難関試験と評価できます。

ツイッターでの反応

・気象予報士は芸能人にも人気のある資格です。

免除制度での合格がお勧め

ここまで気象予報士試験の解答速報についてまとめてきました。「合格率」の項目でも触れましたが、気象予報士試験に1回の挑戦で合格することは、「かなり難しい」と言えるでしょう。

学習時間に余裕がある学生の方は別として、忙しい社会人の方が合格を目指すとなると、やはり「免除制度」を活用して合格を目指すのがお勧めです。

もちろん合格科目には有効期限があるため、結局は集中して学習する必要はありますが、「一般知識」「専門科目」(以上、学科試験)「実技試験」の3科目を段階的に突破するのも合格戦略のひとつと言えます。受験生の方のライフプランに合わせて、合格戦略を検討されてみては如何でしょうか。

気象予報士試験の免除制度
気象予報士試験には、試験の免除制度があります。

上記で説明した通り、気象予報士試験は「学科一般知識・学科専門知識・実技」の3つの分野の試験に合格する必要があります。

合格した分野は2回の試験まで有効で、試験を受ける必要がありません。

例えば、学科試験の「一般」に合格したとします。この後、「専門」、更に実技試験も合格する必要があるのですが、2回目までは「一般」が免除されます。

その意味では、段階的に受験できるのでメリットもありますが、2回という制限には注意しないといけません。

引用:資格スクエア気象予報士講座
https://www.shikaku-square.com/yohoshi/contents01#menjo

-気象予報士
-

error:

Copyright© 速報試験ニュース , 2017 All Rights Reserved.