建築士

【2022解答速報】一級建築士学科試験、合格ライン予想は【講評も】

2022年7月20日

令和4年7月24日(日)に実施された一級建築士学科試験の「みんなの解答速報」ほか、解答速報のまとめです。

大手スクールによる解答速報

[PR] まだ知らないの?テレビCMでもおなじみの人気の通信講座に「一級建築士講座」が誕生!

日建学院

日建学院では採点結果をメールで知らせる「Web採点サービス」を7月24日(日)16時から受け付けを開始する予定(締切り期限に注意してください)。

日建学院解答速報へ

総評
各科目とも過去に出題された内容であっても、表現や論点を少し変えて総合的な判断力を問うような出題が昨年同様多かった。

計画は、比較的過去問題も多く、難易度としては標準的な問題であった。
環境・設備は、過去問題主体の問題構成であり、難易度として標準的な問題であった。
法規は、過去問題からの出題が多く、難易度として標準的な問題であった。
構造は、著しく正答率の低い問題がなかったこともあり、昨年と比較して易しい問題であった。
施工は、新傾向の問題や新規枝が多く、昨年と比べると難易度としてはやや難しい問題であった。

全体の難易度としては、科目ごとでは差があるものの、昨年と比べるとやや易しい問題であったと思われる。

以上の結果から、設計製図推奨点は、次のように想定します。

★科目基準  計画:11点 環境・設備:11点 法規:16点 構造:16点 施工:13点
★総合    91点

各科目の難易度
計画
(以下、省略。各科目別の難易度については日建学院・解答速報ページでご確認ください)
https://www.ksknet.co.jp/nikken/guidance/architect1q/road/kaisoku/index.aspx

徹底検証ガイダンス
一級建築士学科試験の合格を目指す受験生の方は、解答速報はもちろんですが、今回の本試験の難易度や他の受験生の方の動向など詳細な分析を知りたい方もいらっしゃると思います。そんな受験生の方におすすめなのが、日建学院による「徹底検証ガイダンス」です。

この「徹底検証ガイダンス」は、順次開催される無料イベントで、日建学院各校(直営校)での実施が予定されています。

徹底検証ガイダンス
2020年 本試験内容をいち早くチェック!

どこよりも早く今年の試験問題を日建学院が分析します。映像講義を使ってよりわかりやすく! より理解しやすい講義になっています。何がポイントだったか?何を知っておけばよかったか? など、受験された皆様の問題解消には最適です。是非最寄りの日建学院(直営校)へお越し下さい。

詳しい開催日程や、お申込みについては最寄りの日建学院 直営校へお問い合わせください。

引用:日建学院
https://www.ksknet.co.jp/nikken/guidance/architect1q/road/kaisoku/index.aspx

また学科試験の次のステージが「設計製図試験」。日建学院ではTAC建築士講座と同様に試験対策イベント「1級建築士設計製図 課題対策説明会」を実施します。

1級建築士設計製図 課題対策説明会

本年の課題から想定される設計上の「注意事項・攻略法」をご紹介

予告編より全国の日建学院各校で開催される「課題対策説明会」では本年の課題から想定される設計上の注意事項・攻略法を紹介致します。ぜひ製図試験対策にご活用ください。

詳しい開催日程や、お申込みについては最寄りの日建学院 直営校へお問い合わせください。

引用:日建学院
https://www.ksknet.co.jp/nikken/guidance/architect1q/road/kaisoku/index.aspx

日建学院による「徹底検証ガイダンス」「1級建築士設計製図 課題対策説明会」の詳細については、一級建築士学科試験・解答速報ページで御確認ください。

日建学院1級学科試験解答速報
▲Web採点サービス、徹底検証ガイダンス、1級建築士設計製図 課題対策説明会などを実施する日建学院建築士講座(画像は公式サイトから)

総合資格学院

総合資格学院でも「即日採点サービス」を無料で実施します。受験生の方が学科試験でマークした解答番号を入力をするだけで、本試験の採点結果を「即日(試験終了数時間後に)」メールでお知らせする便利なサービスです。

総合資格学院・解答速報へ

総合資格学院の難易度分析「例年並みの難度」

総評
(公開待ちです)
令和2年度、令和3年度と高い難度でしたが、令和4年度は過去2年と比較すると難度は低くなり、全体として例年並みの難度となりました。学科Ⅰ(計画)については、令和3年度は初出題も多く、非常に難度が高くなりましたが、令和4年度においては標準的な難度となり、他の科目においても例年並みといえます。

初出題については、法改正や新技術に関する内容の他、近年の社会情勢から、2050年カーボンニュートラルの実現に向けた「エネルギー消費の約3割を占める建築物分野での省エネ対策を加速」「木材需要の約4割を占める建築分野での木材利用を促進」といった政策を反映した「カーボンニュートラル」「木材の炭素貯蔵、製材の製造時使用エネルギー」「ZEB」「建築物のエネルギー消費性能」「地球環境との共生」といったキーワードの出題や、災害対策に関する内容がみられました。今後の試験では、このような新傾向の出題について、ポイントを押さえた学習と、過去出題されている内容を正しく判断できるような学習が重要になります。
(続きは総合資格学院「令和4年度1級学科試験・総評」ページで)

総合資格学院の合格ライン予想は91~92点(2022年7月25日現在)

総合資格学院の合格ライン予想は91~92点(2022年7月25日現在のもの、今後変更になる場合があります)。

合格基準点は91~92点と予測。総得点90点以上の受験生は、製図講座受講を推奨
7月24日(日)に実施された1級建築士学科試験を、当学院即日採点サービス利用者のデータを基に独自に分析したところ、試験制度変更のあった平成21年度以降の試験結果に照らし合わせると、今年の試験結果は、合格基準点が91~92点と予測しております。

それに伴い当学院では、各科目点〈学科Ⅰ計画11点.学科Ⅱ環境・設備11点.学科Ⅲ法規16点.学科Ⅳ構造16点.学科Ⅴ施工13点〉、かつ、総得点90点以上の受験生については、設計製図試験の準備を始められることを推奨いたします。今年の学科試験の合格発表日は9月6日(火)頃、設計製図の試験日は10月9日(日)になります。学科試験の合格発表を待ってから設計製図試験の準備を始めるのでは、試験日まで1ヶ月余りの猶予しかありません。これでは、当学院といたしましても十分な受験指導が出来ないため、早めのご準備を推奨しています。

よって、各科目点〈学科Ⅰ計画11点.学科Ⅱ環境・設備11点.学科Ⅲ法規16点.学科Ⅳ構造16点.学科Ⅴ施工13点〉、かつ総得点90点以上の設計製図講座の受講生が、学科試験の合格発表日に不合格となった場合、設計製図講座の受講料については、受講契約に基づいて返金の対応をさせていただきます(註)。 これらをご理解いただいた上で、当学院の設計製図講座をご受講いただきますよう、お願い申し上げます。当学院では、一人でも多くの方に合格していただけるよう、講師、職員一同、精一杯お手伝いさせていただきます。

※上記、分析は令和4年7月25日(月)現在のものです。

(以下、省略。続きは総合資格学院の解答速報ページでご確認ください)
1級建築士学科試験の合格基準点について | メディア掲載 | 総合資格学院

本での勉強
(画像はイメージです)

また総合資格学院でも、TAC建築士講座や日建学院と同様に令和4年度製図試験のポイントを解説する「令和4年度1級建築士設計製図 課題攻略ガイダンス」を実施します。

また希望者の方には、7月24日(日)に実施された令和4年度学科試験の「解答解説書」のプレゼントも。

【先行予約】[1級建築士]令和4年度-学科本試験 解答・解説書※8月上旬以降発送

令和4年度 1級建築士 学科試験分析に最適な解答解説書を試験終了後に作成しおとどけします。すべての問題に詳細な解説がついているので、正答にいたる根拠を正しく理解できます。試験の見直しはもちろん、次年度対策教材としてもご活用いただける教材です。

引用:総合資格学院
https://form.shikaku.co.jp/webapp/form/12729_pvs_154/index.do

以上、「即日採点サービス」や「令和4年度1級建築士設計製図 課題攻略ガイダンス」などについて見てきましたが、実施校舎やスケジュールなど詳細については、総合資格学院の解答速報ページで御確認ください。

総合資格学院、1級建築士解答速報
▲ 「即日採点サービス」や各種分析イベントを実施する総合資格学院

TAC建築士講座

解答速報は令和4年7月24日(日)にTAC解答速報ページおよび専用ブログで公開する予定です。解答速報や講評、合格ライン予想(合格推定点)の公開時間は以下の通りになっています。

解答一覧 2022/07/24(日)18:15より順次公開(全問の解答は21時を予定)
試験講評(総評) 2022/07/25(月)14:00公開予定
合格推定点  〃  〃

TAC解答速報ページ一級建築士学科試験

令和4年 一級建築士学科試験の総評
TACの合格推定点は次のとおりです。
――――――――――――――――――――
■総得点
90 点
■科目基準点
計画 11 点、環境 11 点、法規 16 点、構造 16 点、施工 13 点(各科目過半)
――――――――――――――――――――
計画が昨年よりもかなり易しくなり、構造がやや難しい、施工が難しいことを総合すると、全体として標準的な難易度であることから、総得点は 90 点をTACの合格推定点とします。
科目ごとの難易度は次のとおりです。
・計画 易しい
・環境・設備 例年どおり
・法規 例年どおり
・構造 やや難しい
・施工 難しい
以下、各科目の特徴などを説明します。
■学科Ⅰ:計画
・難しかった昨年の反動からでしょう、標準的な難易度に戻りました。
・実例建築物の出題が昨年の8問から5問に大幅に減り、その全てに過去問が含まれていたこと、新規問題もミレニアムドーム 2000(No.3)、プルーイット・アイゴー(No.7)、国際子ども図書館(No.17)など著名な建築が
(以下、省略)

引用TAC令和4年一級建築士学科試験|試験総評|TAC建築士講座
(予想合格推定点は2022年7月24日午後2時現在のものです)

なお上記の試験総評では「計画の特徴」「環境・設備の特徴」「法規の特徴」「構造の特徴」「施工の特徴」などについて詳しく分析しています。こちらも併せてごらんください。

試験ガイド

またTAC解答速報ページでは、予想合格ライン(合格推定点)も公開します

一級学科試験 解答速報について

TACは今年も試験当日に全問について「解答速報」を実施します。
TACホームページと本ブログで公開しますので、是非ご覧になってください。
登録等はもちろん一切不要です。
以下を事前にブックマークして、是非当日チェックしてみてください!
(中略)
学科試験を突破した方は、設計製図の説明会または無料体験入学にお越しください。(無料・予約不要)。

引用:TAC建築士講座ブログ
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/53621922.html

2ちゃんねる(5ちゃんねる)などネット上の匿名掲示板や各種SNSでは信頼度の低い情報が出回ることがありますが、TAC建築士講座など大手スクールによる講評や合格ライン予想などを参照されると良いでしょう。

試験ガイド

TACの合格推定点がおすすめです

そして7月下旬を中心に1級受験生の方を対象に、「設計製図本科生説明会※」が実施されます。学科試験終了後と言うこともあり合格ラインの突破が気になる受験生の方もいらっしゃると思いますが、解答速報などでフィードバックが終わったら、できるだけ速やかに設計製図試験に向けてスタートを切ることをおすすめします。

※令和4年度設計製図試験の課題は後日発表の予定です。

試験ガイド

学科試験が終わったら、息抜きを兼ねて街中の散歩がおすすめです。設計製図試験のイメージも膨らむでしょう

なおTAC建築士講座が実施する「令和4年度 設計製図試験 課題の概要説明会」の実施スケジュールや会場など詳細については、TAC建築士講座で御確認ください。

TAC建築士講座、1級学科試験解答速報
▲ 1級学科試験の解答速報を公開するTAC建築士講座(画像は公式サイトから)

奨学生試験の実施も

TAC建築士講座では、「TAC建築士講座、一級建築士奨学生選抜試験」の実施を予定しています。

この奨学生試験では、成績により最大で80%の割引になる魅力的な内容の試験です。受験料も無料なので、ぜひ挑戦されてみてはいかがでしょうか。

2020年 一級・二級学科「奨学生選抜試験」を実施!
成績上位者は対象コース「最大80%OFF」!

引用:TAC建築士講座

試験ガイド

参加された方全員、対象コースの受講料が5,000円割引になる参加賞も

この奨学生試験の出題形式・制限時間・試験会場・割引コースなど詳細については、TAC建築士講座で御確認ください。

みんなの解答速報

    ※ 下のフォームから受験生の方の解答状況、受験した感想、ボーダー予想など、投稿をお待ちしています。

    お名前

    メッセージ本文(解答内容、難易度の感想、ボーダー予想など)

    フォームに入力されたら「確認」にチェックを入れて、送信ボタンを押してください。

    確認

    「みんなの解答速報」利用規約はこちら

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    頂いたコメント・感想・ボーダーラインは?

    計画16
    環設16
    法規25
    構造23
    施工16
    合計96点でした
    (Ri様、2019年7月29日8:41 PM)

    過去問が多く、昨年に比べて簡単だった気がします。
    (あ様、2018年7月23日6:53 AM)

    ボーダー94
    (ふくはら様、2018年7月22日11:13 PM)

    日建学院による分析動画

    日建学院・濱崎講師、横尾講師らによる令和4年1級建築士学科試験分析。難易度・出題のポイント・ボーダー予想・講評などの収録内容。動画の最後には独自の合格基準点(予想)の発表も。

    1級建築士学科試験解答速報2022【日建学院】
    出題傾向のほか、日建学院独自の合格基準点予想も。また科目別の詳細分析も行っています。

    【関連動画】「1級建築士設計製図課題対策説明会ダイジェスト2022
    (公開待ちです)

    総合資格学院による分析動画

    令和4年度学科試験の解説動画。ポイントとなった問題を中心にコンパクトに解説しています。

    【動画】「1級建築士学科「解答・解説会」ダイジェスト映像-総合資格学院」

    【関連動画】総合資格学院、令和4年度1級建築士設計製図「2022(令和4年度)年度 1級建築士 設計製図課題攻略ガイダンス

    参考
    資格娘の建築士おすすめ通信講座ランキング
    資格娘の建築士おすすめ通信講座ランキング

    おすすめの1級・2級建築士試験講座通信を徹底比較!

    kenchikushi.tokyo

    ツイッターでの反応

    ・受験生の方への応援メッセージ

    ・一級建築士の合格と製図学習の重要性について

    -建築士
    -