資格取り方選び方全ガイド、資格ガイド書籍のお勧め

資格試験といっても国家資格と民間資格を合わせると数百ある。キャリアアップや独立のための資格ではあるが、自分にあった資格選びには難易度や合格率などの詳細な情報が必要だ。

そこで資格取得を目指す受験生の方にお勧めなのが「資格ガイド」の書籍である。現在のところ数社が発行しているが、中でもお勧めなのが高橋書店の「資格取り方選び方全ガイド」である。

その理由として収録数が1000という膨大な量であること(2016年度版の場合)、そして人気資格の一部には大手資格スクールのLEC東京リーガルマインドによる解説が掲載されている点である。

つまり単なる試験情報だけに留まらず、「おススメの勉強法は?」など合格に役立つ情報まで掲載されているのが特長なのである。したがって学習初期の段階で合格に向けた情報に接することができる。

さらに人気資格ランキングや実際に資格を取得して働いている人へのインタビューも掲載。合格者の話を聞くことで合格へのモチベーションアップにも役立つ。さらに受験日・申込期間が分かる「資格カレンダー」も載っているので、出願を忘れる心配もない。このような理由から高橋書店の「資格取り方選び方全ガイド」が一番のお勧めなのだ。

試験の合格には、「まず敵を知ること」。これは合格が難しい資格になるほど、これが重要となってくる。試験の出題科目、合格率などの基本的なデータから、関連コメントまで、ぜひ合格に向けてフル活用したい。

(スポンサードリンク)


関連記事

  • 雑誌の定期購読、楽天ブックスでポイント3倍キャンペーン 雑誌と言えば、コンビニや駅売店で購入することが多いと思いますが、話題になっている号や付録がついているものになると売り切れになることがあります。 そこで考えたいのが「雑誌の定 […]
  • ぶんこ六法トラの巻、入門の概要が把握できる文庫本 司法試験や司法書士試験など合格が難しい法律系資格の短期合格を目指すならば、最初の段階で全体像をつかんでおくことが効果的だ。そこで入門書を使うケースが多いのだが、これが易しすぎて役 […]
  • 福田大助、難関資格合格したけりゃ、本は読むな! この世の中には合格まで何年もかかる資格試験がある。法律系ならば司法試験や司法書士、会計系ならば公認会計士や税理士などである。 このような難関試験に合格するためには、 […]
  • つかむ・つかえる行政法、吉田利宏 公務員試験や行政書士試験、そして司法試験まで出題される行政法。行政法は我々の生活に密接に関係しているはずだが、抽象的な概念も多いため苦手としている受験生も多い。 そこで最近 […]
  • 今やれよ! 驚くほど伸びる5日間「やる気」改革プログラム 難関試験ほど学習期間が長くなる。すると受験生ならば一度はやる気を失うことがある。しかしこの勉強をしない期間は合格を目指す上で、全くの無駄であり、一日も早く抜け出したいものだ。 […]
  • テキスト問題集を安く買う方法 資格試験のテキストは高いのが通常だ。これは「ぼったくり」ではない。販売部数が少ないから定価が高くなるのである。つまり版下などの原材料費は何部刷っても変わらない。したがって雑誌など […]

(スポンサードリンク)