ニュース

1ヘクタールと1アール(1haと1a)はイメージで覚えるのがベスト!

イメージで覚えられる!

土地の単位に1ヘクタール(1ha)と1アール(1a)がある。1ha=10,000㎡、1a=100㎡なのだが、ピンとくるだろうか。

受験生
聞けばわかりますが、覚えられません

1ヘクタールは小学校の校庭でイメージ

このように考えてもらいたい。1ヘクタールは10,000㎡、つまり100メートル×100メートルの広さ

つまり小学校の校庭をイメージしよう。

受験生
納得です!

1アールは学校の教室でイメージ

そして1アールは100㎡、つまり10m×10mの面積である。

これは学校の教室をイメージすれば良い。

このように1ヘクタールは「学校の校庭」、1アールは「教室の広さ」をイメージすれば、かなり実感を持って理解できるのではないだろうか。

ココがポイント

機械的に暗記するのではなく、身近なものでイメージしよう!記憶にも残りやすい!

補足だが、日本の農家の一戸当たり経営耕地面積(販売農家)は1.49ha(平成24年、農林水産省調べ)である。つまり校庭1.5個分である。

「これではアメリカやオーストラリアなど外国の大規模農家には勝てない」、1ヘクタールを校庭のイメージに置き換えることで、このような統計も理解しやすくなる。普段の学習においても実践してみよう。

接頭語(ヘクト)で理解を深める!

ヘクタール(ha)とアール(a)の違いは?そうaの前にhがついている。

このhであるが、ヘクト(h)という接頭語。今回のヘクタールのほか、ヘクトパスカルなど天気予報で聞いたことはないだろうか。

(スポンサードリンク)

ヘクトは100倍を意味する

接頭語のヘクトは100倍を意味する。つまり1ヘクタールは1アールの100倍になる。

田舎の広めの小学校の校庭なら、教室100個分はあるのではないだろうか。そんなイメージでも覚えられそうだ。

勉強が楽しい!

このほかの数字に関する接頭語もマスターしておこう!

大きくなる接頭語として、次のようなものがある。
10倍 デカ
100倍 ヘクト
1000倍 キロ
1000000倍 メガ
1000000000倍 ギガ

メガを1000倍したものがギガ。パソコンの容量で1メガバイトとか1ギガバイトとか聞いたこともあるはず。正確には1024メガバイト=1ギガバイトなのだが、何となく1000倍というイメージはつかめるだろう

反対に小さくなる接頭語もマスターしておこう。
1/10 デシ
1/100 センチ
1/1000 ミリ
1/1000000 マイクロ
1/1000000000 ナノ

マイクロナノとか、なじみのある接頭語もある。商品名についているケースも

このように身近な商品を通して接頭語をマスターすることで、理解がぐっと進む。数学検定の勉強でもイメージを活用することをおすすめしたい。

【参考動画】「アール・ヘクタール ここを掴めば大丈夫!」

(スポンサーリンク他)

-ニュース

© 2012 速報試験ニュース