LECリーガルフェスタ、「検事失格」市川寛先生の講演動画も

雇用不安が続く中、司法試験や司法書士など難関資格の取得を目指す方が多い。もっとも難関資格であるため、学習期間も長期に亘る傾向にある。そして学習期間中にモチベーションが切れてしまうケースも少なくない。

そこで受験生の方にお勧めなのが、資格試験の総合スクールであるLEC東京リーガルマインドの「リーガルフェスタ」である。

これは2013年12月23日(月・祝)に開催される無料イベントで、弁護士や弁理士など第一線で活躍されている実務家を迎え、実務の楽しさを紹介してもらうものである。

そして登場する弁護士や弁理士の方も、フジテレビ系人気ドラマ「リーガルハイ」の法律監修をされた方や、人気作家・池井戸潤氏の小説「下町ロケット」のモデルとなった方など、傾聴に値する方ばかりだ。

この他、司法書士や行政書士に関するイベントも同時に実施される。入場は無料。ぜひ司法試験や弁理士試験など難関法律資格の合格を目指す受験生の方にお勧めしたい。

【2016年11月27日追記】

この無料イベントは終了した。なおLEC東京リーガルマインドでは各種無料イベントを実施することがある。どのイベントも受験生の方の知的好奇心を刺激するもので、また難関試験の合格にも役立つだろう。

ここでLEC東京リーガルマインドで実施された無料イベントの収録動画を紹介したい。

【動画】「『検事失格』の著者が語る 取調べの可視化で私の過ちは防げたか?」

この動画は元検事で、現在は弁護士として活躍する市川寛先生の講演動画である。市川寛先生についてはこちらの記事が参考になるだろう。

大阪地検特捜部の証拠捏造事件によって、日本の検察の信用は地に墜ちた。実際に自白強要で厳重注意を受け、検察を辞した市川寛弁護士が、驚くべき検察の新人教育の内情を教えてくれた。

引用:週刊現代
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/8078

そんな市川寛先生の今回の講演動画では、やはり検事時代の興味深い話が続く。もちろん可視化など刑事訴訟法の改正が続く昨今であるが、実際の取り調べにおいては、まだ問題が山積しているように思われる。

今回の動画は法曹へ進む予定の司法試験受験生の方はもちろんのこと、法律実務基礎科目が課される司法試験予備試験受験生の方にもおすすめだ。問題意識を持って動画を視聴することで、以前にも増して試験対策の学習にも力が入るかもしれない。

なおLEC東京リーガルマインドでは、この他にもイベントを随時実施している。興味のある方はLECホームページで確認されると良いだろう。

おすすめ試験対策スクール

資格スクエア 元伊藤塾の吉野勲先生による入門講座から、高野泰衡先生による論文+(プラス)まで。業界初の圧倒的低価格。

Wセミナー司法試験講座 法的知識ゼロから短期合格を目指す中村充先生の4A(4段階アルゴリズム)が特長。「4A基礎講座」では、「過去問(問題)」と「条文」を重視。まずは無料の資料請求から。

LEC東京リーガルマインド S式でお馴染みの柴田孝之先生、新司法試験56位合格の永野康次先生など実力派講師陣による講義。無料お試し講座あり。

司法試験講師ブログ

大手スクール司法試験講座講師によるブログ新着記事。LEC、Wセミナー、辰巳法律研究所など。
司法試験講師ブログ
https://shikaku-pass.net/shihou-koushi-blog/

(スポンサードリンク)


関連記事

  • 予備試験、受験資格制限を検討も撤回か 法曹への新たなルートして注目を集める司法試験予備試験。多額の費用が必要となる法科大学院を経由しなくても司法試験の受験資格が得られるとして人気を集めている。平成26年5月に実施され […]
  • 工藤北斗論証集「民法」が発売へ 新司法試験上位合格者でありLEC東京リーガルマインド司法試験講座の実力派講師である工藤北斗先生の合格論証集「民法」が発売されることになった。 合格論証集は工藤北斗先生が得意とす […]
  • 平成26年予備試験短答式合格発表、合格率下がる 法曹への新たなルートとして注目を集める司法試験予備試験。法科大学院に代わり人気も急上昇、平成26年度の短答式試験では受験者数が1万人を突破した。 そんな平成26年度予備試験 […]
  • 予備試験口述模試(LEC、Wセミナー、伊藤塾、辰巳) 平成26年度司法試験予備試験の論文式試験の合格発表が、平成26年10月9日(木)午後4時に試験実施団体である法務省よりされた。 気になる合格率だが20.49%(受験者数1,91 […]
  • 伊藤塾予備試験講座で特別奨学生試験を実施 法曹への新たなルートして注目を集める司法試験予備試験。しかし平成26年度司法試験の合格者数は2,000人を割り過去最低の合格者数となり、また平成26年度予備試験短答式においても合 […]
  • 平成26年予備試験の実施日程が発表 法曹への新たなルートとして注目を集める司法試験予備試験。その予備試験の平成26年度試験日程が試験実施団体である司法試験委員会(法務省)から発表になった。短答式・論文式・口述式試験 […]

(スポンサードリンク)