英語

英語は突然うまくなる、受講してみた

「英語は突然うまくなる」とは?

N-Academy(Nアカ)の英語講座である「英語は突然うまくなる」を受講してみた。受講料も安いこともポイントだった。

この講座の内容は、「日本人の多くは語彙や文法などストックが多いのに、英語を満足に話せない。そこで脳を刺激すると英語が突然話せるようになる」というもの。

これを体現すべく、講座が展開する。

講座の内容は?

大学教授である横山研治先生が講義を担当。留学生が多い立命館アジア太平洋大学の先生だ。

この大学では二言語体制を敷いており、半強制的に英語を使う。そこで生み出されたのが、この「横山メソッド(公式サイトによる)」である。

最初に「横山メソッド」の原理を説明。この原理の説明が講座の大半を占める。したがって、この原理の理解こそが、講義の中心部分だと言える。

お友達

そして実際のトレーニングだが、実に明快。「短い英文を繰り返し早口で話すことで、脳に負荷をかけ、その結果として英語がスムーズに口から出てくるようにする」。

例としてNHK英語講座の公式サイトで公開されている短文で練習するように提案される。実際に効果的に練習する方法は、講座で学習していただきたい。

(スポンサードリンク)

ゼロから急に英語が話せるようになるわけではない

「英語は突然うまくなる」という講座名を見ると、ゼロから英語が話せるような勘違いをする方もいるだろう。しかし違う。

この講座は、中学や高校でマスターしたものの、脳の片隅に眠っている英語を、横山メソッドで呼び出すというもの。

したがって脳トレをしても英単語知識などが十分に備わっていなければ、英語は話せない。しかし反対に、中学高校大学そして社会人と十分に英語学習をしたが話すことができない、そのような悩みを持っている方にはおすすめの講座と言えよう。

公式サイト英語は突然うまくなる

【動画】「英語は突然うまくなる」の担当講師、横田研治先生の動画解説

「英語は突然うまくなる2《動詞編》」9つの動詞で多彩な表現をマスター

この講座は好評だったのだろう(1,000円前後と手軽な値段)。続編が登場している。それが「英語は突然うまくなる2《動詞編》」である。

英語のマスターと言えば、単語の暗記が重要だ。確かにそうであるが、難解な単語(特に動詞)を覚えなくても、基本的な9つの単語をフル活用すれば多彩な表現が可能になる、それが本講座の目的である。

書籍で言えば、長尾和夫先生の「(基本12動詞+α)やさしい単語で英語表現」と同じコンセプトである。この本もcome/get/give/go/haveなどの基本単語で表現することを目的とする。

ただ本講座と違う点は、長尾和夫先生の本は「基本動詞+前置詞(副詞)」である点。副詞があることで、基本動詞でさらに多彩な表現が可能になっている。

内容(「BOOK」データベースより)
たったの12の基本動詞を使いこなせば、300フレーズをマスターできる!「簡単な基本動詞」+「副詞(前置詞)」の組み合わせで、ネイティブらしい英語になる。使う基本動詞は、comeやget、takeなどの中学で習った超基本単語ばかり。Big Wordはゴミ箱へ、Small Wordsを使いこなそう!もう長くて難しい単語を覚える必要はありません。(引用、アマゾン)

(基本12動詞+α)やさしい単語で英語表現

(基本12動詞+α)やさしい単語で英語表現

長尾 和夫, トーマス マーティン
23,058円(09/19 02:47時点)
発売日: 2006/08/21
Amazonの情報を掲載しています

さて、「英語は突然うまくなる2《動詞編》」に戻ろう。この講座では、外人の男性アシスタントと共に早口言葉に挑戦する。

早口言葉による脳の活性化」+「8つの基本動詞をフル活用」、これで英語力のアップを目指す。1日10分の動画で、最短で18日でトレーニングする。質問も可能だ。

公式サイト英語は突然うまくなる2《動詞編》

(スポンサードリンク)

(スポンサーリンク他)

-英語

Copyright© 速報試験ニュース , 2019 All Rights Reserved.