ニュース

運行管理者試験、おすすめ通信講座、DVD講座比較まとめ(貨物・旅客)

投稿日:2017年10月10日 更新日:

貨物輸送や旅客など運輸に重要な資格が運行管理者である。昨今、大型トラックやバスなどの事故もあり、運行管理者の重要度が以前にも増して大きくなっている。

そんな運行管理者試験だが、司法試験などの試験と比較すれば合格はしやすい。もっとも仕事の合間を縫って合格を目指す受験生の方が多い点を考えると、決して合格は簡単ではない。

合格を目指す

通信講座やDVD講座でスピード合格を目指す!

運行管理者試験向けにテキストや問題集も販売されてはいるが、独学で合格を目指すとなると非効率である点は否めない。そこでお勧めなのが通信講座やDVD講座である。自分のスケジュールに合わせて、どこでも学習できるメリットがある。

そこでお勧めの通信講座、DVD講座を厳選してまとめてみたい。それぞれの講座の特長を比較されると良いだろう。

ユーキャンの運行管理者(貨物)通信講座

最初にお勧めしたいのが、通信教育の大手・ユーキャンによる「運行管理者通信講座(貨物)」である。100講座以上を開講するユーキャンならではの工夫がされており、次のようなおすすめポイントがある。

  1. イラストを多く使った理解しやすいテキスト
  2. 過去問を厳選した過去問題集
  3. スマホやパソコンで講義動画が受講できる
  4. すきま時間の学習に最適な副教材「ポイント&資料集」
ガイド
さらにユーキャンでは添削課題(2017年度は5回)、総合模試が1回、メールでの質問も可能です。独学では質問はできませんよね。

特に平成28年3月度試験では、合格率が約20%と難化した。限られた時間で合格を目指すならば、非効率の独学よりも通信講座を利用するのが得策だろう。

またテキストだけの学習と違い、講義動画があるのがあるのもうれしい。講義時間も3分程度なので、休憩時間や通勤電車の中など隙間時間の学習にも最適だ。

ガイド
スマホで視聴ができます。場所もとらず手軽に試験対策の学習ができます。

またユーキャンでは「受験生専用の合格スケジュール」もお届け。会社から資格取得をすすめられている方はもちろんのこと、再受験の方にもお勧めと言えよう。その他のユーキャンの特長については公式サイトで御確認頂きたい。
>> ユーキャンの運行管理者(貨物)講座はこちら <<

試験の合格を応援!

WINGジャパンの「最短スピード合格DVD教材(貨物および旅客)」

ライブ講義で合格を目指す方もいらっしゃるだろう。ライブ講義には緊張感があり、眠気さえなければ頭に入ってくるだろう。

もっとも分からない箇所を繰り返し聞くことはできない。そこでお勧めなのがDVD講義である。分からなければ「巻き戻し」するだけで何度も説明を聞ける。挫折のリスクも減らせるだろう。

そんなDVD講座だが、「WINGジャパン」から発売されている。その名も「運行管理者試験の最短スピード合格DVD教材」だ。通学講座そのままに無駄のない講義をDVDに収めている。

ガイド
DVD教材のほか、試験に出るポイントを絞った「オリジナル教材」と、直前期に何度も見直したい「重要ポイント教材」、さらに模擬試験まで用意されています。

「WINGジャパン」の運行管理者試験講座では、貨物のほか旅客講座もある。また講義を担当する山田信孝先生も指導経験豊富な方である。

講師の山田信孝(WING塾長)は、関東運輸局部長、観光庁室長、自動車事故対策機構審議役など、国土交通省38年間の豊富な行政経験を活かし、分かり易い講義をモットーに、東京都・千葉県・茨城県・山梨県の各トラック協会及び埼玉県バス協会主催の試験対策講習の講師を務めています。

引用 運行管理者試験の最短スピード合格DVD教材(旅客)

なお貨物では、「貨物自動車運送事業法」「道路運送車両法」「道路交通法」「実務上の知識及び能力」など、全6章から構成されている。
>> 運行管理者試験の最短スピード合格DVD教材(貨物)の詳細はこちら<<

学習する女性

資格のLEC、運行管理者【貨物】10時間合格講座DVD

LEC東京リーガルマインドの「運行管理者【貨物】10時間合格講座」は本試験の問題にも対応できる基礎力と応用力の習得を目指すDVD講座である。

関連記事 LEC割引キャンペーンほかWeb奨学生試験などお得な情報まとめ【口コミと評判も】

そして担当講師である中島秀憲先生も運行管理者の経験が豊富で、受験生のつまづきそうな点を熟知している。また中島秀憲先生は労務管理のスペシャリストである社労士でもあるので、本試験対策だけではなく実務の話も期待できそうだ。

そんな中島秀憲先生の「運行管理者講座」。工夫した講義で10時間の講義で合格を目指す。この講座でぜひ運行管理者試験の合格を目指してみてはいかがだろうか。

なお本講座では使用テキストとして「改訂新版 運行管理者試験<貨物>合格教本」を使用する。分かりやすいと評判の本書だが、300ページ以上とボリュームがある。

分厚い書籍は挫折しやすい。ポイントを押さえて効率良く合格を目指す受験生の方におすすめしたい。

ガイド
運行管理者試験に限りませんが、試験には出やすい分野と、そうでない分野があります。無駄をなくして短期間での合格を目指しましょう。

まとめ

ここまでお勧めの通信講座、DVD講座について比較してまとめてきた。どんな講座もにも当てはまることだが、「何度も繰り返して学習」することが大切である。

そして過去問演習を繰り返す。このインプット学習とアウトプット学習で、合格ラインの突破も目の前だと思われる。ぜひ合格に向けて頑張って頂きたい。

一般

(スポンサードリンク)

-ニュース

error:

Copyright© 速報試験ニュース , 2018 All Rights Reserved.