会計人コース2015年11月号

公認会計士・税理士・簿記検定対策の学習雑誌「会計人コース 2015年 11月号」が発売になった。

(スポンサードリンク)

特集1は、「第65回税理士試験 出題分析と2016年への対策【簿・財+国税4法】」。8月18日(火)から20(木)の3日間にかけて実施された第65回税理士試験。

LEC東京リーガルマインドや資格の学校TAC、大原など大手スクールでは解答速報分析動画を公開しているが、本誌では詳細な分析に加え、来年の2016年本試験への対策を記事にしている。過去に本試験の的中実績もある会計人コースだが、本号では「超フライング予想」を行っている。合格を目指す受験生の方必見の記事と言えるだろう。

次の特集2は「熱血講師陣が出題!日商簿記検定1級 直前予想問題」。10月下旬に実施される日商簿記試験対策の学習も直前期となったが、本号では大手スクールの実力派講師がズバリ出題の予想をしている。重要論点を一通り学習した受験生の方にお勧めだろう。

そして会計人コース2015年11月号では、別冊付録として「簿記必出論点ワークブック 3ステップで基礎完成」を用意。簿記検定受験生の方はもちろん、税理士試験や公認会計士試験の受験生の方にも最適だ。

このほか「平成28年日商簿記検定 大改定、出題範囲や勉強方法はどう変わる?」を掲載。出題論点が大きく変わる可能性がある平成28年日商簿記検定試験。その対策を記事にしている。会計人コース2015年11月号の詳細はこちら

会計人コース2015年11月号
▲「会計人コース2015年11月号」。「税理士・公認会計士試験パワーアップ講義」や「簿記2級からの計算集中ゼミ」なども掲載。

(スポンサードリンク)


関連記事

(スポンサードリンク)