資格試験・検定合格に役立つニュース、最新情報です。

速報試験ニュース

宅建士

宅建士法改正講座、法改正に不安のある受験生向け

投稿日:

不動産の人気資格である宅建。宅建試験では権利関係や宅建業法など法律知識の他、税や統計、そして最新の法改正までおさえる必要がある。

さて平成27年度の宅建試験だが、従来の宅地建物取引主任者から宅地建物取引士(宅建士)に格上げされるのに伴い、宅建業法の改正点は多岐に亘る。一例を上げると、宅建士の業務処理の原則・公正誠実義務(15条)、宅建士の信用失墜行為の禁止(15条の2)、従業者の教育(31条の2)などである。

これらは平成27年4月1日に法改正が施行されているため、平成27年度宅建士試験の出題範囲となる。しかも配点の高い「宅建業法」であり、かつ宅建業界で話題になっている「士業への格上げ」だ。出題を考えて十分な対策を採っておきたい。

とは言うものの宅建受験生の方の多くは、学習時間に制約がある社会人の方だ。そんな忙しい受験生の方に向けて用意されたのが、TAC宅建士講座の「合格(うか)る法改正講座」である。直近3年間の重要な法改正点及び周辺知識を集中的に講義し、一問一答形式の問題演習も盛り込むことで、インプットとアウトプットを同時並行で行う。したがって効果的に法改正点をフォローすることができるだろう。

なお平成27年度の「合格(うか)る法改正講座」の担当は、川村龍太郎先生。指導経験豊富な川村龍太郎の講義で法改正分野の得点力アップにつなげ、難化が予想される宅建士試験の合格に役立てて頂きたい。「合格(うか)る法改正講座」の詳細はこちら

関連動画

平成27年度「合格(うか)る法改正講座」を担当する川村龍太郎先生の動画「TAC宅建士 民法入門」から。宅建士の制度説明、試験の内容などを解説。

(スポンサードリンク)

宅建

おすすめ試験対策スクール

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

ゼミネット・宅建講座 分野別の専門実力派講師陣による講義。記憶に残るオリジナル電子黒板講義で知識の定着を図る。宅建講師室が直接回答する質問・相談制度も。元資格の大原の人気講師である大澤茂雄先生(宅建ダイナマイトスクール主宰)や、元LECの渡部正和先生らが講義を担当。

(スポンサードリンク)
宅建

-宅建士
-

error:

Copyright© 速報試験ニュース , 2017 All Rights Reserved.