RETIOメルマガ第110号

旧宅建試験合格者や宅建士(宅地建物取引士)試験の合格者などに無料配信されるRETIOメルマガ第110号が、試験実施団体である不動産適正取引推進機構から配信された。

(スポンサードリンク)

最初の記事は「【今日の視点】政府の中古住宅取引の活性化に向けた取組みについて」。少子高齢化により中古住宅取引の活発化が期待されるが、国土交通省では中古住宅市場の活性化に向けて、取引の透明性を高める取組みを推進する予定だ。

具体的には、「物件情報をやり取りする業者向けのシステムであるレインズで詳細な取引情
報を開示するよう義務付け(ステイタス管理)」「虚偽の開示をした場合には罰則の適用も」、などとなっている。また建物検査(ホームインスペクション)の専門家による住宅の診断を普及させるための宅建業法改正も視野に入っているという。どちらも中古住宅の品質担保、購入者の不安の払拭を目的としている。今後の活発化が予想される中古住宅市場に注目したい。

次の記事は「行政の動き」。本号では平成27年7月から9月までを対象にした「木造3階建て住宅及び丸太構法建築物の建築確認統計」について記述されている。昭和62年に施行された改正建築基準法により、一部地域で緩和された木造3階建て住宅。土地が狭い都市部では魅力的な建築物だが、国土交通省は上記対象期間の3階建て住宅及び丸太組構法建築物の建築確認における棟数等について公表している。

また「行政の動き」では、東洋ゴムの不祥事を受け審査の強化を図るべく、「建築基準法施行規則及び建築基準法に基づく指定建築基準適合判定資格者検定機関等に関する省令の一部を改正する省令並びに関連告示」や、「電流計データの流用に関する安全性の確認状況」についても扱っている。

このほかRETIOメルマガ第110号では、「マーケットの動き」として「不動産市場動向マンスリーレポート平成27(2015)年11月」、「最近の判例から」が「老巧化した空調設備が、売買において予定されていた品質・性能を欠いていたということはできないとされた事例」、「相談・紛争事例等より」が「中古マンション売買の仲介における重要事項説明書の調査・記載について」などを掲載している。

(スポンサードリンク)

おすすめ試験対策スクール

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

ゼミネット・宅建講座 分野別の専門実力派講師陣による講義。記憶に残るオリジナル電子黒板講義で知識の定着を図る。宅建講師室が直接回答する質問・相談制度も。元資格の大原の人気講師である大澤茂雄先生(宅建ダイナマイトスクール主宰)や、元LECの渡部正和先生らが講義を担当。

(スポンサードリンク)
宅建


関連記事

  • LEC宅建登録実務講習の口コミと評判は?【講師による動画解説あり】 難関試験と言っても過言ではない宅建士(宅地建物取引士、平成26年度以前は宅地建物取引主任者)試験。この宅建士試験に合格してもすぐに宅建士として活躍することはできない。まず2年以上 […]
  • RETIOメルマガ第108号 旧宅建試験合格者などに無料配信されるRETIOメルマガが、試験実施団体である不動産適正取引推進機構から配信された。 最初の内容は「今日の視点、ストックビジネスとしての期待高 […]
  • RETIOメルマガ第106号 宅地建物主任者試験の合格者に無料で配信されるRETIOメルマガ。その第106号が宅建士試験の実施団体である不動産適正取引推進機構から配信された。 まず「今日の視点」は『スト […]
  • RETIOメルマガ第107号 宅建(平成27年度からは宅建士)試験合格者などに無料配信されるRETIOメルマガが、試験実施団体である不動産適正取引推進機構から配信された。 最初は「不動産ストック再生に向 […]
  • RETIOメルマガ第109号 旧宅建試験合格者などに無料配信されるRETIOメルマガ第109号が、試験実施団体である不動産適正取引推進機構から配信された。 最初の内容は「今日の視点」。不動産適正取引推進 […]
  • 【解答速報】宅建士試験 2015年10月18 […]

(スポンサードリンク)