資格試験・検定合格に役立つニュース、最新情報です。

速報試験ニュース

ニュース

不動産法律セミナー2015年9月号

投稿日:2015年8月21日 更新日:

東京法経学院の学習雑誌である不動産法律セミナー2015年9月号が発売になった。特集1は「宅地建物取引士誌上模試&統計データ」である。平成27年度からスタートする宅地建物取引士(宅建士)試験であるが、初回の実施であるため合格しやすいとの予想もあるが、宅建業法を改正し士業へ格上げされた事実を鑑みれば、多少の難化を予想しつつ学習を進めるのがベストだろう。そんな宅建士試験対策に役立てたい誌上模試である。

特集2は「平成27年度司法書士本試験分析と平成28年度対策」。平成27年度司法書士筆記試験午前の部は30点が基準点と、過去にない高得点となった。ちょっとしたミスも許されない試験となり、一方で午後の部は問題自体が難しくなり基準点は前年度と同じである。そこで東京法経学院司法書士講座の簗瀬徳宏先生が、平成27年度本試験を分析すると共に、平成28年度の筆記試験合格に向けてしておきたい対策について述べられている。リベンジを図りたい受験生の方にお勧めの記事である。

特集3はマンション管理士・管理業務主任者対策向けの記事「受験と実務のための法令改正の要点整理建築基準法」。合格に向けて重要な科目である建築基準法だが、小川正則先生が受験対策と実務の両面から法改正について執筆されている。

このほか行政書士試験対策の記事も充実。まず笠原裕明先生による「ステップアップ学習一般知識」。行政書士試験の思わぬ盲点となりそうな一般知識だが、法律科目と共に毎日少しずつ勉強を進めたい。そして同じく笠原裕明先生の「記述式セミナー」。知識だけでは得点につながりにくい「記述式」。合格答案のコツをつかみ、充分なトレーニングを行いたい。

さらに不動産法律セミナー2015年9月号では、「マンション管理士合格体験記」「みらなびカフェ」など、受験生の方のモチベーションをアップさせる記事も充実。ぜひ毎日の学習に役立てて頂きたい。不動産法律セミナー2015年9月号の詳細はこちら


▲ 不動産法律セミナー2015年9月号

一般

-ニュース
-, , ,

error:

Copyright© 速報試験ニュース , 2017 All Rights Reserved.