不動産受験新報2014年冬号

宅建やマンション管理士など不動産系資格の学習雑誌・不動産受験新報2014年冬号が発売になった。本号の特集は平成25年10月に実施された宅建試験の詳細な解説である。

従来の宅建試験は過去問のマスターで十分合格が狙える試験だった。しかし平成25年の本試験を見ても分かるように、権利関係を中心に難化傾向が顕著であった。平成24年度宅建試験でも同じような傾向にあり、今後も難化が予想される。

そこで不動産受験新報2014年冬号では、過去問題の詳細な解説に加えて平成26年度の宅建試験の展望を記事にしている。出題科目別の傾向分析もあり、平成26年の宅建試験の合格を目指す受験生の方に役立つだろう。なお平成25年度の宅建試験に関しては、不動産法律セミナーでも特集記事を組んでいる。こちらも参考にして頂きたい。

不動産受験新報のこの他の記事として、「次に狙うのはどれだ!注目の不動産資格大特集2」を掲載。国家資格ではないが、今後注目をあつめそうなマンション管理員検定や民間資格である太陽光発電アドバイザーなど3つの資格を紹介している。難易度もそれほど高くなく、ダブル資格を目指す受験生の方にお勧めの記事と言えよう。

また受験生の方に好評な連載企画である記述式講座も掲載。司法書士試験や行政書士試験対策の良質な記述式問題を通して十分なトレーニングを行いたいところだ。不動産受験新報2014年冬号の詳細はこちら

 不動産受験新報 2014年冬号
▲ 不動産資格の学習雑誌「不動産受験新報」

おすすめ試験対策スクール

TAC宅建士講座 効率よく合格するために的を絞った学習カリキュラム。講義と問題演習の同時並行で知識の定着を図る。試験を徹底的に分析したプロフェッショナル講師による講義が特長。

LEC東京リーガルマインド 水野健先生や亀田信昭先生、黒田武雄先生など実力派講師陣が多数在籍するLEC宅建講座。本試験の的中実績、マルチな学習スタイルが特長。無料お試し講座あり。

ゼミネット・宅建講座 分野別の専門実力派講師陣による講義。記憶に残るオリジナル電子黒板講義で知識の定着を図る。宅建講師室が直接回答する質問・相談制度も。元資格の大原の人気講師である大澤茂雄先生(宅建ダイナマイトスクール主宰)や、元LECの渡部正和先生らが講義を担当。

(スポンサードリンク)
宅建


関連記事

(スポンサードリンク)