予備試験

【速報動画】平成27年度予備試験短答式講評、難易度は?

平成27年度司法試験予備試験の短答式試験が5月17日(日)に実施された。法曹への新たなルートとして注目を集める予備試験だが、最終合格への難易度は高い。そんな平成27年度予備試験の短答式について、各スクールで解答速報を実施しているが、難易度は例年並みで、科目によっては易しくなったものもあるようだ。

関連記事
合格祈願
【解答速報】2017予備試験短答式試験、無料成績診断と講評【合格ラインは?】

2017(平成29年)5月21日(日)に実施された平成29年度司法試験予備試験短答式試験の「みんなの解答速報」ほか、解答速報のまとめです。 目次 大手スクールによる解答速報LEC東京リーガルマインドW ...

続きを見る

もっとも予備試験短答式は相対評価で合格が決まるため、LEC予備試験講座で実施されている成績診断サービス「短答成績リサーチ」などを利用し、正確な情報収集を行って頂きたい。

また受験生の方におすすめしたいのが、同じくLEC予備試験講座による短答式講評動画である。これは本試験当日に収録された速報版で、民事系・刑事系・公法系の法律科目の難易度などをLEC専任講師の岩崎茂雄先生、武山茂樹先生が動画で解説している。

予備試験の最難関は論文試験であるが、短答式の知識が論文試験の重要論点と重なり合うことは少なくない。したがって今年7月の論文試験合格に向けて、ぜひ短答式試験の検討をしておきたい。その検討に役立つ動画解説と言えよう。

■ 民事系(民法・民事訴訟法・商法)、担当は武山茂樹先生

■ 刑事系(刑法・刑事訴訟法)、解説講義は岩崎茂雄先生

■ 公法系(憲法・行政法)、武山茂樹先生が解説

おすすめ試験対策スクール

アガルート 新司法試験の上位合格者である工藤北斗先生による司法試験予備試験講座。元LEC講師であり、「3倍速インプット」など定評ある指導力。刑法、伝聞法則など刑訴の切れ味は抜群。公法系(憲法・行政法)の再現答案、民事系の論証集も受験生におすすめ!

LEC東京リーガルマインド S式でお馴染みの柴田孝之先生、新司法試験56位合格の永野康次先生など実力派講師陣による講義。無料お試し講座あり。

資格スクエア 元伊藤塾の吉野勲先生による入門講座から、高野泰衡先生による論文+(プラス)まで。業界初の圧倒的低価格。

司法試験講師ブログ

大手スクール司法試験講座講師によるブログ新着記事。LEC、Wセミナー、辰巳法律研究所など。
司法試験講師ブログ
https://shikaku-pass.net/shihou-koushi-blog/

(スポンサーリンク他)

-予備試験
-

Copyright© 速報試験ニュース , 2020 All Rights Reserved.